温かい心

a0101801_6451943.jpg

去年6月、母が亡くなった
長年の友人達が、
それぞれの形で、
悲しみを癒す方法を考えてくれた

会社で一緒に働いていたTさんは、
一冊の絵本と、
彼女の持っている母の思い出を書いた手紙を、
夏が終わった頃贈ってくれた

絵本の内容はなんとなく解る
だから、
読まないで母の写真の脇にずっと立てておいた


今年の6月、
一周忌が終わったら、
私の家に簡易に作った仏壇は片付けてしまうと決めていた
だから、
この絵本の居場所もこの日でなくなる

おそるおそる
絵本の扉を開ける
可愛い動物達の絵が
見開きから溢れている

可愛いなぁ
と思って読み進んだ
ああ、
読める読める

おじいさんのアナグマが
年老いて亡くなってしまうのだが、
アナグマが仲間に教えてあげた智恵が、
残された仲間達に力と生きる希望を残したという話だ

こんな贈り物を選ぶのはTさんらしい
Tさん、ありがとう!

でもさぁ、
やっぱり
涙はでちゃったよ
ただ、きっと違うのは、
今の涙は母への感謝の涙だと思うよ

絵本の力
やっぱりあるよね
by hanatsudoi | 2010-07-25 06:43 | アンテナ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanatsudoi.exblog.jp/tb/11028348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< これは一体… 【ふわり】 >>