奈良 吉野の草木染和紙

a0101801_104816.jpg



福西さんのところの色和紙は、
顔料を使わず草木染めで色をつける

正直な自然の色

それは、
正直な紙漉き職人
福西さんの人柄そのもの



右手前から
・サクラ
・サカキ
・アケビ
・クリ
・藍
・ヨモギ
・ネム

福西和紙本舗 福寅 取材記事


by hanatsudoi | 2013-05-26 00:51 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanatsudoi.exblog.jp/tb/12200761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< グリーンの扱い方 その② 40歳のお誕生日に >>