お花を使った被災地支援を考えています

母の日フラワーギフトの売り上げの一部を、
被災地支援活動に使わせて頂きたいと考えております



このたびはご注文いただきありがとうございました。お代金の1割を被災地の支援のために使わせて頂く予定でおります。

昨日、宮城県亘理に住んでいる友人に私が今思っていることを伝えました

―彼女の言葉から―

今はまだ、基本的な生活を立て直す時期であること、
そして、被害に直接合わなかった方の心もかなり傷ついていること、
忘れないでいてくれていることだけでも嬉しいと言ってくれたことを、
この場で皆様にお伝えします

彼女との会話から、
例え亡くなった理由がなんであれ、
命は命であること
良いとか悪いとかではなく、
全て尊いものであること
と、改めて考え直しました

それが、戦争であれ、自然災害であれ、病であれ
命が無くなることには変わりないという
本人にとって、そして誰かにとって、
かけがえの無い命
良い亡くなり方も悪い亡くなり方もない、

実は多くの人が何も分っていないし、
理解することが出来ないのだと思いました


こんなことが分かったので、
被災地に受け入れてもらえる時がくるまで、
待つことにしました


何かの役に立ちたいというのも、
人間の本能の一部にあると思うのです
それは、
一体どういうものなのでしょう
人とのつながりの中で、
衝動的に湧き起こるこの気持ちは、
なんと呼べばいいのでしょう
by hanatsudoi | 2011-04-20 08:24 | 花のオーダー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanatsudoi.exblog.jp/tb/12448344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 錦絵の黄金時代@山種美術館 八重桜@赤坂 >>