天使になる

a0101801_847480.jpg


末期の肝臓癌
血小板の減少
赤血球の減少

早朝の発作から
また落着いた今

昨日、用事をすませるために歩いていたら
私のかかりつけ医の先生と道でばったりお会いした

その先生もラブラドールを飼っていて
犬の話で花が咲いた時期があった

―先生のワンちゃん如何ですか?
―2年前に亡くなってね、ヘルニアの手術後に腸閉塞になって

―実は、今、うちの仔も、コレコレこうで…
―その状態はね、人間でいうと「ご家族を集めて下さい」という段階だよ
  手当ての可能性があれば、苦しんでいるワンちゃんを家に帰さないからね

先生との数分のこの立ち話が
発作を乗り越えるごとに
「元気になるかもしれない…」
と心の底で期待していた私に
覚悟を決めさせてくれた

お会いして良かった
ありがとう、先生
by hanatsudoi | 2012-05-20 08:54 | エッセー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanatsudoi.exblog.jp/tb/15354304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お見舞い 優しく温かみのある感じ 奇跡があることを >>