薪能@板橋区常盤台天祖神社

羽衣
日時:2013年4月13日(土)17:30開演
会場:天祖神社 板橋区南常盤台(東武東上線常盤台駅下車すぐ
主催:いたばし芸術文化活動支援協会



シテが能装束を身につけるまで
シテ方 下平克宏氏 観世流 重要無形文化財総合指定保持者

a0101801_9281411.jpg

ここからスタート
演目では、この天女の上半身は裸とみなされます
a0101801_9291973.jpg

衣をつけます
a0101801_9295952.jpg

鬘 馬の毛を使っているそうです!
a0101801_9324770.jpg

ヘアが出来上がってきました。このあと冠をのせます。
a0101801_9335186.jpg

面をつけるところ、ワクワクしますね!
a0101801_9354225.jpg

a0101801_9362417.jpg

羽衣まで着用しました


この後、火打石で起こした火を神楽の両脇にある薪に入れて焚かれました(火入れ式)
本番用の美しい衣装に着替えた天女が登場
地元板橋でこのような芸術が拝見できるのに驚きです!

明日は、雅楽やお囃子の写真もupしますね。
by hanatsudoi | 2013-04-15 09:41 | アートの勉強 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanatsudoi.exblog.jp/tb/17623977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小林ノリ子さんの和紙アート 2012年HANATSUDOI... >>