ご供花 

a0101801_07342441.jpg


もう、何年続いているでしょうか
ご依頼頂く前から
6月第三週末はお届けするお花がある、
と自然と思い出されるようになりました

お若いお嬢様を亡くされたご両親様へのお花
最初はご供花らしく白い色を中心にしていましたが、
年数を重ねるたびに
花色を足して作っています

お嬢様のイメージに添うように
ピンクなどの柔らかな色合いを選んで作ってきました
さて、今年は、、、
市場に並んでいるお花から
インスピレーションで手にした色は紫
そして、豊富な緑!

―色はエレガント、グリーンで流れ―

a0101801_07361483.jpg


使用花材

オリエンタルリリー/リアルト
アンスリューム/プレビア(紫チューリップアンス)
ギガンジューム
スプレーマム/バルティカライム
トルコキキョウ/フィリアラベンダー
ドラセナ/サンデリアーナ
ハラン
イガナス
アンスリュームの葉
スモークツリー/ルビー


写真では蕾の状態で分かりませんが
今日荷物が配達される頃には
百合の白い花が膨らみかけていると思います


ご依頼主様はアメリカにお住まい
人が〝心にかける〟ということには
距離も時間もないんだなと
教えて頂いています






by hanatsudoi | 2014-06-21 07:59 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanatsudoi.exblog.jp/tb/19920930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<<  梅雨の中にきらりと夏の輝きを... 手漉き和紙花の贈り物 >>