新しい作品 制作中

a0101801_16444751.jpg



ただいま制作中のこちらは
素敵になりそうな予感が漂い始めました

今回は、草木染の和紙を使っています
小舟草
という雑草のような草から抽出した色です
ミョウバンを入れたとたん
こんなに美しいクリーム色に変化しました

そして、使用している和紙は
吉野の福西さんの生漉き和紙です!
丈夫なんですが、
触れば触るほど柔らかくなってきます

この作品は、フレームに挟んで
10月10日~15日
小津和紙で行われる吉野和紙の可能性展に
出品いたします。

a0101801_16450796.jpg

10月は、中央区民カレッジの講座があり、
もったいないことに、私も一日お時間を頂いてお話をすることになりました。
ワークショップではたくさん話し続けていますが
このように、話すことだけの目的の場には立ったことがないので
かなり緊張です。


a0101801_16461802.jpg



PIARAS和紙を普及する活動を始めて4年
こういう形でお応えしていく時期になったと思って
ありがたくお受けしました
集まってくださる方に
私が思う手漉き和紙のことをお話しし、
そこから何かを感じて頂けたらと思います。

これから、2か月、卒論並みに勉強しなおします!



by hanatsudoi | 2016-08-23 16:56 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanatsudoi.exblog.jp/tb/23150841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 砂子を撒いた手漉き和紙 まるで宇宙 商店街の閉じたシャッターを上げ... >>