和の枠から外して 菊をあしらう

重陽の節句
9月9日は、五節句の中のひとつ
重陽の節句(または菊の節句ともいう)
五節句とは⇒ 1月7日【人日】
          3月3日【上巳】
          5月5日【端午】    
          7月7日【七夕】
          9月9日【重陽】

中国の陰陽思想で、奇数は陽の数であり、
陽数の一番大きい9の数字が重なる(9月9日)事から、
重陽と呼ばれる
奇数の重なる月日は、陽の気が強すぎるため不吉とされた時代があり、
その凶を払う行事として節句がつくられた
陽数の中でも、9の数字は最大の【陽】であり、
特に負担の大きな節句とされていた歴史がある

〔フリー百科事典ウィキペディアより引用〕



a0101801_861616.jpg

菊を和風に見せないコツ
葉を見せない!
今回使っている菊は、
私の大好きなアナスタシア
この菊は、花弁が花火の様にパッと開いて、
ダリアにも見える華やかさがある
しかしながら、
葉は菊そのもの
コレが見えてしまうと仏のイメージでもある菊になってしまう
だから、葉を落として短くするのがコツ!
今回は、菊を使って南国風コーディネート

a0101801_86253.jpg

∬使用花材∬
菊/アナスタシア
アンスリューム/ピスタッシュ
薔薇/ライム
モカラ/サンセット
アマランサス/オータムタッチ
アンスリュームの葉
リューカデンドロン/レースターバースト
寒ススキ
by hanatsudoi | 2009-09-04 08:23 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hanatsudoi.exblog.jp/tb/8910951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アンスリューム ―アミ― 彫金のOBJECT 個展会場にお届け >>