<   2008年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

スモークツリー ― ルビー ―

a0101801_6361932.jpg

深い小豆色(ルビー色)のけむりの木
乾き始めるとより色が濃くなってくる

スモークツリーは、
高級な枝物のひとつ
葉は乾燥が一足早く来るので、
私は全て取り去って使う
その方が花のふわふわした質感をより愛でられる気がする

そのニュアンスは、
ニットの感覚もあり、
ミスティーな感じもする。
どちらかというと大人の艶が感じられる材料

枝物とあって、
出回る時期も限られるので、
使える時はどんどん使っておきたい!

…ご参考に…
ピンクファー
ホワイトファー
by hanatsudoi | 2008-05-31 06:41 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

5月の我が家の植物歳時記

a0101801_6544543.jpg

キンポウジュ(ボトルブラッシュ)
もともとは、群馬の知人の庭先で折った短い枝を挿し木。
そして、こんなに大きくなった。
花が開くのを準備している小枝が、
暖かい日のある瞬間に一斉に花を咲かせ、
真っ赤な景色をマンションの一角に作る。
この木は、我が家のランドマーク的存在。
15年程この場所を守っている。
a0101801_6545789.jpg

シラン(白花)
繁殖のキッカケはことりの糞からだと推測
いつの間にか庭のプランターを制覇している。
美しい白い花
a0101801_6551654.jpg

琉球月見草
栃木に居る知人から株を頂きプランターに植えた。
この花が咲くたびに、
下さった方を思い出す。
一緒に頂いたニッコウキスゲも5月初旬に毎年咲いてくれる。
by hanatsudoi | 2008-05-30 07:05 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

<ご供花> 夫婦の門出を寄り添ってくれた方に

a0101801_833271.jpg
a0101801_835262.jpg


送り主の方のイメージをなるべくお花にうつしたくて…
【洗練された清潔な感じ】を表現してくれる花材を選択
花芯がアイボリーの芍薬は、
白ではあるが華やかさもある。
グリーンの菊は花びらが反り返って面白く、
オリエンタル、シノワズリーな感じを表現。
今が旬のスモークツリーが より高級な雰囲気をプラス。

いづれも、
―洗練―という言葉がピッタリ当てはまる花達だ。



∬使用花材∬
芍薬/白
輪菊/アナスタシアライム
トルコキキョウ/ゼピュロス
スモークツリー/ホワイトファー
百合/フランシア
ニューサイラン
モンステラ
by hanatsudoi | 2008-05-29 08:15 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

熱情のフラメンコ、その熱き魂に寄せて…

a0101801_6462189.jpg

深い紫のカンパニュラ(パープルチャーム)と
深い赤のドラセナの組み合わせで
というリクエストを頂いて制作
フラメンコダンサーの心に触れるのは、
綺麗に可愛く…では無く
深い魂が感じられるこんな花達

a0101801_6464178.jpg

今年、カンパニュラは良く使っている。
ユニークな花の形状にとどまらず、
とても繊細な香を放つ
【私の好きな花リスト】に完璧に加えられたひとつ。
水を良くすうので欠さないように。

a0101801_647017.jpg

配送用の箱の中は、
このカンパニュラの香りでいっぱい!!!!!!!!!!

∬使用花材∬
カンパニュラ/パープルチャーム
トルコキキョウ/ゼピュロス
オリエンタルリリー/ビビアナ
モンステラ
赤ドラセナ
スモークツリー/ルビー

by hanatsudoi | 2008-05-29 07:00 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

ブルースター ― ピュアブルー ―

a0101801_6484569.jpg

私がフラワーアレンジメントを始めた頃
もう20年も前、
この花はとっても新鮮だった

こんな明るい水色
起毛したやわらかい葉
星のように綺麗に広がった花びら
始めたばかりの未熟な私のアレンジメントを、
たった一本で素敵な作品に変身させててくれた

茎を切ると白い液体が出てくる
このために水揚げが難しい材料
低温のお湯に30秒くらいゆっくりつけて水揚げ
この乳液は、空気に触れるとボンドのように固まるので、
その結果、導管を詰まらせて水揚げを妨げる

そんな事もあり、
代金を頂いてお作りするもの(ご注文・レッスン)には、
水が下がる恐怖のため、
絶対に使わない材料リストに!!!

今回、ブルー系のアレンジメントというレッスン課題で、
何年ぶりかに材料にいれてみたところ、
水揚げ良く品種改良されていたのでビックリ

これからは、
時折、皆にも扱ってもらえるよう、
登場させようと思う

(まだご注文に入れるほどの信用は勝ち取ってないけどね)




植物分類:ガガイモ科オクシペタルム属
原産地:中央・南アメリカ(ウルグアイ・ブラジル)
by hanatsudoi | 2008-05-28 07:02 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

ホタルブクロ

a0101801_7163369.jpg
a0101801_7164411.jpg

山ではまだまだ花の時期ではないけれど、
珍しく市場に出回ったので購入

釣鐘型の花をつけた野趣に富む姿は、
一本だけで充分に絵になる

水揚げもとても良いので、
アレンジメントにも使える

出来れば他の花の中に埋もれさせないで、
単独で姿全体を表現してあげると、
この花らしさが伝わると思う

生け花には最適
さらっと力まず あしらってみたい


分類:キキョウ科ホタルブクロ属
分布:北海道~九州、朝鮮、中国、シベリア
別名:提灯花
学名:CAMPANULA PUNCTATA LAM
by hanatsudoi | 2008-05-27 07:30 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

スプレーマム ―レミダス― (小菊)

a0101801_7502483.jpg

スプレーマムは、
あまりにさりげなくて、
この花図鑑に登場させるのは初めてかもしれない。

一番ベーシックで、
良く使われる花なのに。

スプレーというのは、
茎の分岐が盛んな物をいう。
マスフラワーがスプレータイプだと、
とても得した感じに沢山使える。
一本で5~10粒くらいの花のパーツが取れるからだ。

今回、ベーシックレッスンの材料として用意してみた。
沢山の花の中には、
使いやすい材料と、
扱いづらい材料がある。
初心者には、前者の材料を取りまとめて、
まず、花に慣れるようにしてもらう。
技術が無いうちに個性的な材料を手にすると、
― 花に遊ばれる。

という意味では、
このタイプの花達は、
とても親切な心を持っている。
どうぞ、あなたの好きなように扱ってください、
と言っているようだ。


このレミダスは、
爽やかなレモン色の花びらに、
花芯がキミドリ色というのがいい。
爽やかな上に、
更に爽やかさが倍増する。
by hanatsudoi | 2008-05-25 07:58 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

光を浴びた妖精

a0101801_6482272.jpg



ひとつの言葉さえもらさず、

静かに

静かに

窓の外を見ている



その窓から見える太陽を、

いったい あなたは

どんな風に眺めているんだろう
by hanatsudoi | 2008-05-24 06:55 | アンテナ | Trackback | Comments(0)

スプレーカーネーション ―アメリ―

a0101801_6353248.jpg

美味しそうなオレンジシャーベット色のカーネーション

綺麗な色のスプレーカーネーションはアレンジを作る時の名脇役。
差し色でちょっと入るだけで
明るく元気な雰囲気がプラスできる。
by hanatsudoi | 2008-05-23 06:37 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

百合   ―リド― オリエンタルリリー

a0101801_6454054.jpg

オリエンタル系のユリの中に、
こんなに柔らかいピンクで、
しかもスポットが入っていないものがあるなんて!
 
優しくて、
どんな小さな花とも調和する
私だけ見て!!!!!!!
と言う自己主張がなくて、
小さな花と一緒に手をつないで一つの空間に居られるような、
そんな感じのするユリ

一目見て、大大だーい好きになったのだが、
残念ながら定番で入ってくるユリではない…
次はいつ見られるんだろう…。

a0101801_6455342.jpg

百花繚乱
立てば芍薬
座れば牡丹
歩く姿は百合の花

by hanatsudoi | 2008-05-22 06:51 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)