<   2009年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

カランコエ

a0101801_21572253.jpg

面白い材料のひとつ
最近市場で見られるようになった

写真のものは1mくらいの長さ
園芸種のカランコエを巨大化したような感じ
ベル状に花が付く
葉は多肉系

非常に日持ちもするので生けこみの材料には適しているようだ
予想より水の腐敗も目立たない
ぱらぱら花が落ちる事も無い

小さく切ってアレンジに使っても趣がある
おしゃれな雰囲気が演出できる

植物分類:ベンケイソウ科カランコエ属
学  名: KALANCHOE ADANS
原産地: 東アフリカ・マダガスカル
英  名: PALM-BEACH-BELLS
by hanatsudoi | 2009-01-31 22:01 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

薔薇 ―ダンシングクィーン―

a0101801_1155398.jpg

大粒の綺麗なピンク色の薔薇
名前もユニーク

今手元にあるものは、
買ってから10日も経っているのに、
首も曲がらずびくともしない美しさ。
この日持ちの良さには驚き!!!!!!!

季節的なものも関係しているかもしれないが、
首の丈夫さは薔薇の命だから、
この薔薇はかなり信用出来る

生けこみの材料として 期待大
by hanatsudoi | 2009-01-30 11:58 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

ガーベラ  ―ハピネス―

a0101801_71217.jpg

この名のとおり、
眺めているだけで幸せになっちゃえそうな、
とってもかわいい色☆

卵色
カスタードクリームの色
黄身の沢山入ったカルボナーラの色☆

見てるだけで美味しそう

このガーベラは花弁にも特徴がある
芯の近くまで花弁が集っている
花弁の枚数が沢山だ!!

最近、市場にあると必ず買っている
☆お気に入り☆
by hanatsudoi | 2009-01-29 07:04 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

シレネ  ―桜小町―

a0101801_1442384.jpg

バーベナに似た花を細い枝の先端につける
桜の花弁を思わせるような、
優しいピンク
a0101801_1443478.jpg

見た目の華奢な様子とは全く異なり、
非常に丈夫
水も良く吸い上げる
クタッとなっても切りなおして水あげすると、
シャキッとなってそれは見事な復活ぶり!!!!!

市場に出回ったのはこの数年、
この儚げな花の強さに惚れて、
春になると必ず使う
by hanatsudoi | 2009-01-28 14:08 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

あすなろ

a0101801_10164367.jpg

一つの枝が細やかに分岐し、
硬質な葉をつける
形状としてはシダ系、例えばレザーファンのような感じに似ている

…あすなろ…
良く耳にする言葉だが、
見たのは初めて
青春ドラマや映画の背景に登場するので、
なぜか甘酸っぱいイメージを持っていた。
学校の中に良く植えられているのかな?

素材としては、
日持ちの面で安心感がある
使い勝手も良い、多様性がある
これから私のグリーンアイテムの中に加わりそう
ただし、日常的に出回るものではないので、
使いたい時に使える…
という材料ではないけれど
by hanatsudoi | 2009-01-22 10:22 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

染色和紙のような夜明け前の空

a0101801_723558.jpg

典具和紙に彩色したい程の美しいグラデーション
自然の作るものって
どうしてこんなに感動があるんだろう
a0101801_724410.jpg

7時近いというのに西の空の暗闇には
しっかり残月が…
一年中で一番 夜明けが遅い日…夜が長い日…

夜明け前
舞台幕開けのカウントダウン
これから東の空が黄金色に染まってくる。
by hanatsudoi | 2009-01-21 07:05 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

春の力

a0101801_654779.jpg
a0101801_6541010.jpg
a0101801_6541393.jpg


年末からよく行くようになった場所

葉の落ちた木々の枝先に力が感じられる季節
木の皮の下で、
芽を出す準備が始まっている。
蠢く内部の力が
遠くから眺めても伝わってくるようだ。


⇒晩秋の風景(東大構内)
by hanatsudoi | 2009-01-20 06:59 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

カーネーション ―アップルティー― (大輪)

a0101801_714073.jpg

淡いサーモンピンクが
アレンジの中に春の雰囲気を取り込む

花弁の付け根の色が、
少し濃く見えるところが綺麗なカーネーション

カーネーションは花色が豊富
カーネーションの花色を上手に使えると
ワガママなリクエストでも、
ほぼ的確に応える事が出来る
by hanatsudoi | 2009-01-19 07:05 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

房咲水仙

a0101801_731082.jpg


茎の先に
房状に小さな花を付けるスタイルのものを
特に房咲き水仙という
日本水仙もこれに含まれる
通常みられるものは一つの茎に一つの花が付いている

カップ状の副花冠の印象が強く、
まっすぐ伸びた茎や葉も特徴的

特にこの水仙は、
控え目でありながらとてもいい香りなので、
大量に出回り、価格が安くなるシーズンには、
家に飾っておきたい衝動に駆られる花のひとつ

根元で葉と茎が一緒になっているので、
切り過ぎるとバラバラになるおそれがある
なるべく一緒にしておいた方が、
剣山、オアシスに入れやすい。

庭で鑑賞する機会も多い花だが、
芽が出て花が付くまでは、
ニラと形状が良く似ているので、
間違って食べて中毒になったという話を聞くことがある。
水仙には毒があるので、
注意が必要だ




植物分類:ヒガンバナ科スイセン属
原産地:主に地中海沿岸
英名:DAFFODIL、NARCISSUS
by hanatsudoi | 2009-01-18 07:45 | 花図鑑 | Trackback | Comments(1)

アルストロメリア  ―エベレスト―

a0101801_717381.jpg

真っ白の花弁に、
オリーブ色の雄しべと
えんじ色のスポットがまぶしいアルストロメリア

アルストロメリは、
茎の先端で分岐して、
3~6本くらいの花を放射状に付けるのが特徴

アルストロメリアを使っていて、
考慮に入れるのは、
この分岐した部分の長さだ

この分岐から花の距離が長いのと短いのとでのは、
アレンジの時の扱いに大きな違いが生じる
長いとひとつの花で表現が出来るが、
この部分が短い場合は複数個の花の塊になって、
表現に限りがある。
なので、アルストロを購入する場合は、
この部分のチェックを怠らない
作るアレンジの大きさを考えて、
この分岐部分の茎の長さを良く見て買う

ちなみに、
このエベレストは分岐した先が短い。
大きなアレンジにボンと差すのには好都合だが、
小さくあしらうのは難しいかな
by hanatsudoi | 2009-01-14 07:24 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)