<   2009年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ピアノの先生へ

a0101801_9413629.jpg
a0101801_9414641.jpg


先生!

早く元気になって、
私達、僕達にピアノを教えて下さい。




∬使用花材∬
芍薬/コーラルチャーム
トルコキキョウ/
ガーベラ/ハッピー
スカビオーサ
アルストロメリア/ハネムーン
大輪カーネーション/ドヌーブ
イキシャ
マルバルスカス
by hanatsudoi | 2009-04-30 09:53 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

芍薬 ―コーラルチャーム―

a0101801_11281316.jpg

ため息が出るほど
綺麗な芍薬!

業界では、
芍薬の中でも【オレンジ】と呼ばれている種類
どうみてもピンク?????

なんですが、
日数が経つほどにサーモンピンクに色が変わってきた。
名前の通りコーラル
ピンクに少し黄色を混ぜたような色
だから、オレンジと呼ばれるんでしょうね。

芍薬を好きな女性は多い
この優雅さに惹かれるのだろうか
ボタンに似ているけれど、
ボタンよりも控えめな芍薬の方が、
人気では軍配が上がりそう。

水揚げが難しく、
花屋さんで買っても花が開かずに終わってしまう事もある
湯あげでも刺激が弱くて上手くいかない場合は、
切り口を火で焼くとしっかりあがる
by hanatsudoi | 2009-04-27 11:36 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

ビブルナム ―オプルス―

a0101801_6293972.jpg


紫陽花に良く似た手毬型の花の塊をつける
写真のビバーナムは黄緑色の【オプルス】
他に白花の【スノーボール】がある
花弁のようにみえるのは、
ガク片が変化した装飾花

まっすぐな枝から茎を伸ばし,
その先に花をつける
花の重さでゆったりたわむ感じが優雅である

水が上がりにくく
下がりやすいので、
しっかりとした水揚げをすることが、
使用する際の最低条件
花がポロポロ落ちる事も難点のひとつ

枝を割り、
中心部分をこそげ落として水揚げをすると良く上がる





植物分類:スイカズラ科ガマズミ(ビブルナム)属
原産地:ヨーロッパ・東アジア
和名:洋種肝木(ヨウシュカンボク)
by hanatsudoi | 2009-04-23 06:43 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

鉢植えギフト Ⅰ

                 紫陽花/グリーンヘッジ

a0101801_7412547.jpg

一年に数回ですが、
鉢植えギフトのご注文もあります。

写真は紫陽花
名前はグリーンヘッジ(定かではないんですが)
ピンクとグリーンの混色です。

ピンクだけどスッキリした印象
紫陽花はこれから楽しめる花ですね
とっても優雅です
by hanatsudoi | 2009-04-22 07:42 | 花のオーダー | Trackback | Comments(0)

オランダセダム ―ベンケイソウ―

a0101801_724342.jpg

最近、
セダムの種類もいろいろと出回るようになったが、
この写真の種類は一番基本的な種類
肉厚で卵型の薄緑色の葉を持つ

子供の頃、
家の庭に沢山あった。
梅雨時期になると、
カタツムリがこの肉厚の葉を
大好きで食べていた事を思い出す。

小さな可愛い花の塊を茎の先につける
小さめのアレンジの隙間隠しには最適
隙間を隠しながら
おしゃれな感じにしてくれる
万能な材料
もちろん日持ちも良い

多肉系の植物の特徴で、
根が出やすく、
差し芽などでどんどん増える
by hanatsudoi | 2009-04-18 07:30 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

リューココリネ  ―カラベル―

a0101801_6474886.jpg

花ニラに良く似た可憐な花を、
細く長い茎の先に4~5輪ほどつける
そよ風にも揺らめいてしまうような、
たおやかさを持つ

独特の芳香があり、
爽やかさを感じさせる

アレンジにはその華奢な茎も上手に生かし、
線の遊びを表現すると面白い
春先、この時期しか出回らない
一年に一度は使っておきたい花のひとつ
by hanatsudoi | 2009-04-17 06:54 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

マトリカリア  ―シングルベグモ―

a0101801_6462863.jpg

良く分岐した茎に、
小さな白い花弁を持つ一重の花をつける
カモミールに似た可愛い花
しなやかな風に揺れるような細い茎なので、、
アレンジメントに入れると
ナチュラル感をぐんとUPできる

写真の種類は一重のものだが、
他に八重や、
球状になったものなど、
市場に出回る仲間は数種類ある
いずれも野趣に溢れた可憐な表情である

花が1cm程度の小ささなので、
小さなアレンジの繊細は表現に利用するのが、
持ち味を引き出すのに適切








植物分類:キク科キク属
原産地:西アジア・バルカン半島
和名:ナツシロキク(夏白菊)
英名:FEVERFEW
by hanatsudoi | 2009-04-16 06:59 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

あさつゆ

沢山の宝石がバルコニーにありました
俄かに億万長者


a0101801_6512791.jpg

物干し竿に


a0101801_6513769.jpg

シンビジュームの葉に


a0101801_6514976.jpg

ノバラの新芽に


a0101801_652277.jpg

ツツジの群生に


a0101801_6521474.jpg

シランの蕾に


a0101801_6522518.jpg

スミレの花に


a0101801_6523414.jpg

金色の一粒
by hanatsudoi | 2009-04-15 06:53 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

薔薇 ―アップルモンロー― (スプレータイプ)

a0101801_10521565.jpg

名前から連想するイメージ通り
色っぽい、
艶っぽい、
女っぽい、
そんな印象

理由
その1: 花弁の形が丸い感じ⇒優しさ・柔らかさ
その2: 強い色ではないけれど華やか⇒色気
その3: 花弁の裏表で色が違う⇒意外性
その4: 花弁が内側にとじ気味に開く⇒奥ゆかしさ

こんな感じに分析してみました
いかがでしょうか
by hanatsudoi | 2009-04-14 10:55 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

アルストロメリア ―レモン―

a0101801_556178.jpg

少し小さめの花
花弁に細かな収縮が見られる
少し緑色を混ぜたような、
爽やかな黄色

主軸から花にかけての分岐部の茎の長さが短いので、
分岐した先の花一本を切り分けてパーツとして使う場合には、
小さなアレンジに入れるのが適当

あるいは、分解しないで
高さのある大きなアレンジに一本そのままを使うのが良い

アルストロメリアの素敵なところは、
一番花に始まって、
二番花
三番花と少しずつ花色が明るく変化していく所
このレモン、
本当のレモン色は2番花あたり
写真は一番花なので少し濃い目、マンゴー色かな

2番花の色はこんな色です
a0101801_943320.jpg

by hanatsudoi | 2009-04-12 06:00 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)