<   2011年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ユリ ―タイニーデザート―(透かし百合)

a0101801_985114.jpg

何で今まで無かったんだろう…
と思うくらい、
使い手に寄り添った品種改良
a0101801_98583.jpg

透かし百合なんですが、
矮性というか―全体の構成がギュッと詰まっているんです

どういうことかっていうと
葉と葉の感覚が非常に近くて
花と花の距離もとっても短くて
花の大きさは通常と変らないのに
全体が小さい
丈が短いというのかな

この大きさだとアレンジに使いやすい
透かし百合というと
生け花でスッと高さを出して表現するイメージだった
オリエンタルリリーと違って
使い道が開かれてなかったといっていいのかな
和の要素が強すぎて
使いづらかったといっていい

これから
百合の表現が広がっていきそうだ!
by hanatsudoi | 2011-06-30 09:15 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

唐紙屋長衛門の手仕事@京都

唐紙屋長衛門
唐長
a0101801_7201280.jpg

先日の京都行きの最大の目的は
この唐長での唐紙講習会
造形研究のレポート課題で唐紙を取り扱った所から、
私の中での唐長の存在が大きくなった

文様の面白さにも目覚めた
型押しという
輪郭との縁は切っても切れない造形
―平面上における輪郭とは―
私の頭の中での問いかけは果てしなく続く
a0101801_7205467.jpg

講習会で私が摺ったもの
押付けて文様を擦り付けるのではなく
型の上から文様を掬い取るような気持ちで摺る
のが
唐長さんの造形哲学


a0101801_721231.jpg

清流
a0101801_7213241.jpg

水輪
a0101801_7391754.jpg

水面に楓
a0101801_7233994.jpg

瓢箪
a0101801_724017.jpg

牡丹
a0101801_7242262.jpg

羊歯

この講習会を終えて
一番の学びは
平面(紙)に線がのることで、
そこに奥行きが生まれるという事実だ
紙という平面
そこに文様があると紙面で前後関係が出来る
文様が描かれていることで、
まっさらないろ紙よりも視覚的に圧迫感のない平面に変化する

これってすごいでしょ!!!!!!!
この事実に深く納得したのでした!
by hanatsudoi | 2011-06-29 07:34 | アートの勉強 | Trackback | Comments(0)

宮城県亘理郡山元町からの便りに―

 振り返ると、30年ほどもお付き合いが続いている、斉藤知子さん。ご実家は福島市内。ご結婚され三人の息子さんを持ち、10年前に福島県から宮城県亘理郡山元町に引っ越されました。
 今回の東日本大震災では、この亘理郡山元町は総面積の4割が津波にのまれ大被害を受けた町の一つとして、多くの報道番組の映像に取りあげられました。実際に被災地を知らない私達にとって、テレビや雑誌の情報から受ける影響は大変大きく、瓦礫の山や、茶色一色で敷きつめられた平野、自衛隊員のご遺体捜索の姿、道の無くなった海岸線―そこには人が住んでいたという記憶さえ失った景色だけが映し出され、いつの間にかこの亘理郡という場所が、日本でも悲惨な暗黒の場所のように思えるようになってしまいました。
 震災後、何度と無く連絡を取っていた知子さんから、先日丁寧なお手紙が届きました。私は文章を読ませていただいて、山元町の本当の姿を知りました。色とりどりの美しい景色、山海双方の自然の恵みに溢れた土地、子供たちの元気な笑い声、山元町を愛する人々の様子が彼女の文章からしみじみと伝わってきたのです。
 報道は、時に罪を作ります。徹底的に見せ付けられた悲惨な映像は、私たちの頭の中からなかなか出て行きません。今のままでは被災地の名前は、悲惨なイメージを残したまま皆の記憶の中に留まってしまいます。
 今回、知子さんにお許しを頂き、この素晴らしい文章を公開させて頂くことにしました。この中から被災地の方の真実の声と、東北の沿岸部が美しく豊かであったこと、そして今その景色を取り戻すべく生活の営みが始まっていることを感じ取って頂ければと願って。(文章は、そのまま全文を載せています)


 木南有美子様
 
 東日本大震災から三ヶ月近くが過ぎました。先日、復旧支援や行方不明者の捜索のため、愛知・金沢などから派遣されていた自衛隊の方々とのお別れのセレモニーが役場で行われ、1000人近い町民が感謝の気持ちを込めてお見送りをしました。この三ヶ月、町中を自衛隊の車が往来し、役場駐車場、小学校校庭には、自衛隊のカーキ色のテントが立ち並びました。震災直後には違和感を感じた光景でしたが、いつの間にか、それが当たり前に映り、最近では、町外から戻り、自衛隊の車に出会うと、却って、心強い気持ちにさえなっていました。おおくの自衛隊の方々が去られた後、町は、沿岸部を除いては、震災前の様子に戻りつつあります。
 私達家族が山元町に住み始め、十年が過ぎました。
美しい山や海を抱く自然豊かな山元町は、八年程前、街を丸ごと自然の博物館に見立て、『山元・田園空間博物館』と名付けました。自然の風景そのものが芸術品です。そして毎年、一年を通して、町の自然や特産品を生かしたさまざまな企画を実施してきました。「りんごの楽校」「田んぼの楽校」「山の楽校」「夢・苺の里」「ホッキ祭り」等々、一つ一つの取り組みに向け、農業や漁業に携わる方々、町民、役場職員が集い協力し合い、町を盛り上げてきました。我が家の三人の息子達も幼い頃から、幾度も参加させてもらい、豊かな自然に触れ、さまざまな人と出会い、そこから多くの恩恵を受けて育ちました。
 そんな元気でやさしい山元町がこれからもずっと続くものだと思っていましたが、今回の震災で、山元町の面積の四割が津波で浸水し、おおくの尊い命、人々の平穏な生活、そして多くの美しい自然が失われました。
 それでも、五月に入り、高台の田んぼでは田植えが行われ、来年のためにと苺の苗を植え始めた苺農家の方もいらっしゃいます。少しずつ前に歩み始めているようにもみえます。今回の自衛隊の撤退も含め、色々な意味で、一区切りついたということかと思いますが、現実には、いまだに公民館や体育館の避難所やテントでの生活を続け、前へと先を急ぐ復興の流れには足並みを揃えられずに居る方も多くいらっしゃるようです。被災された方の多くがまだまだ緊張と不安の中で生活を営んでいるような気がします。
 余力のない私は、町の復興のためにも、悲しみの中にある方のためにも、何もできずにおりますが、これからも、震災の犠牲になられた方々を悼み、被災された方のために、小さなことでも何かできることがあれば、という気持ちは持ち続けたいと思っています。
 最後になりましたが、震災直後は大変ご心配をおかけいたして、申し訳ありませんでした。また、温かいお見舞いや励ましのお言葉をいただきまして、ほんとうにありがとうございました。 
 梅雨の季節がまいりました。どうぞご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 
 遅くなりましたが、書中にて御礼申し上げます。                      かしこ
平成二十三年六月                                     齋藤知子





a0101801_7264870.jpg

タイトル:夢・苺の里(山元町のとも子さんに寄せて)
サイズ:短冊
制作日:2011年6月15日

by hanatsudoi | 2011-06-28 07:31 | アンテナ | Trackback | Comments(0)

西念寺(葛飾区・新宿)

a0101801_7412798.jpg

西念寺本堂(葛飾区)
ここのご住職が立派な方で
母が亡くなった後の法事で関わる度に
このお寺とご縁が繋がっていて幸せだと思わせてくれる
境内のお庭も丁寧に手が入れられていて
ご住職の細やかなご配慮が形に現れている

人の面影はモノにうつる
確かにそうだな

a0101801_7414028.jpg

a0101801_7415026.jpg

真っ赤な石楠花
a0101801_7404248.jpg

睡蓮
a0101801_7405950.jpg

つきぬき忍冬
a0101801_7411161.jpg

by hanatsudoi | 2011-06-27 07:47 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

食道楽日記

昨晩からまた涼しくなって、衣類、寝具の調整が難しいですね。風邪ひかないようにしましょうね。
 さて、歌唄いでピアノ弾きでもある友人のミホさんから先日頂いた赤唐辛子パウダーの話をしましょう。ミホさんのお友達の手づくりらしいのですが、これ、スゴイ調味料!!!!! 頂いてから早速、ラタトゥーユ系スープの調味に使ってみたのですが、ピッタリ。辛味も本格的でいい味に仕上がる。唐辛子色の赤がスープにもしっかり出てきて見た目にもいい感じだ。
 ちなみに、私の得意料理は、こういった汁物―スープ系。これまで名前もつけられないオリジナルのスープを考案していろいろ作っているけど、〇〇風という肩書きが自然と馴染んで耳に入る献立の一つかと思う。スパイスは、この〇〇風の根っこにあるもの。地域の特性が顕著に表現される味の素がスパイスなんですよね。 6月26日(日)
by hanatsudoi | 2011-06-27 07:04 | アンテナ | Trackback | Comments(0)

母が手入れしていた庭で

a0101801_8454528.jpg

今年もまた、
紫陽花の季節
a0101801_8455540.jpg

主が居なくなっても
花は咲く
a0101801_846359.jpg

大きなソケイのアーチ
a0101801_8461262.jpg

夾竹桃
珍しいなぁ
白い花弁にピンクの縁取り
a0101801_8462273.jpg

ビオウヤナギ
花屋さんでは
この実であるヒペリカムが流通している
a0101801_8463468.jpg

梅雨の季節にはお決まりのカタツムリ

手入れし過ぎない
いろんな生き物がいる庭で
私は育ちました
by hanatsudoi | 2011-06-26 08:50 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

アメリカからのご注文で

a0101801_9112272.jpg
a0101801_9113259.jpg

毎年
この時期になると
忘れずにご注文が入る

今年は少し明るめの
そんなお花を集めました

そして、
色と形が調和したスタイルにしてみました



#使用花材#
グロリオーサ
菊/アナスタシアライム
トルコキキョウ/エリ
カーネーション/エルメス
モカラ/
モンステラ/大・小
リンドウ/キラリ
by hanatsudoi | 2011-06-25 09:15 | 花あしらい | Trackback | Comments(2)

芯の通った~

a0101801_2343455.jpg

今年の6月はなんて暑いのでしょうか
夏生まれのなつさんへ
a0101801_23432851.jpg

確かに強い信念が貫かれている
そんな人柄を
強いベクトルを持つエンコウスギの枝で表現
枝先に意思が感じられる線

芸術家のなつさんだからこそ分かってもらえる表現を

ストライクゾーンを絞ったアレンジ


#使用花材#
カーネーション/エルメス
トルコキキョウ/エリ
リンドウ/キラリ
パープルリーフ
グロリオーサ/
エンコウスギ
by hanatsudoi | 2011-06-24 23:49 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

久々の朝焼け鑑賞

a0101801_8413220.jpg
a0101801_8404042.jpg

やっぱり早朝は気持ちいいな
by hanatsudoi | 2011-06-24 08:42 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

―可愛い―がリクエストの御供花

a0101801_10555940.jpg

―可愛くて―
そして
―菊―を入れて下さい

“菊が入った可愛いアレンジ”が今回のテーマ
a0101801_10561528.jpg

器を面白い物にしたい
という所からコーディネートを始めた
ポッテリした、
使い終わったら鉢カバーにもなるような少し大きめの器を選んで
その上にチョコンとこんもりお花が乗るイメージで作ろう!

形のテーマは〇(マル)
どのお花もまるっこい形
ころころと器にのっかる感じ



#使用花材#
グロリオーサ/
モカラ/
アリウム/
ピンポン菊
ケイトウ/
スモークツリー/
モンステラ

by hanatsudoi | 2011-06-23 11:05 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)