<   2011年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

生ハム・チーズ・フルーツ・コンフィチュール

今日のレッスンでは
美味しいコンフィチュールを幾つか頂いたので
その味比べをしよう!
ということになりレッスン後のお茶会はこんな感じに…
a0101801_7364547.jpg

まずチーズ
今回は奮発しました
フロマージュダフィノア(ナチュラルチーズ)
フランスの白カビチーズといえば
定番はブリーですが
最近このチーズも人気だそうです
ブリーよりも白カビ部分が薄くて食べやすい!
素直な味です!
デパ地下のチーズ屋さんお勧めの一品
a0101801_7365986.jpg

コンフィチュール各種
ザボン(屋久島のお土産) 一番手前
レモンカスタード 真ん中
イチジクとブルーベリー 一番奥

どれも美味しい
パンも数種類用意して
a0101801_7371279.jpg

アボカド
生ハム
洋ナシ

アボカドも洋ナシも丁度食べ頃の状態で
口の中に入れてとろけるようでした!

いろいろな味の組み合わせを愉しむ
そんな茶話会になりました!
なかなか満足
by hanatsudoi | 2011-10-31 07:45 | エッセー | Trackback | Comments(0)

準備万端 クリスマスリース

a0101801_8402823.jpg

ご案内の栞も作って
みなさんのご参加をお待ちするだけ

ガンバロウ!
by hanatsudoi | 2011-10-30 08:42 | 花のオーダー | Trackback | Comments(0)

うだつの上がる町並み@美濃市

a0101801_712972.jpg

美濃市の駅を降りると
昔ながらの建物が保存されている地域がある
国選定重要伝統的建造物群保存地区だ
写真は美濃市の町にあったうだつの上がった建物

町を少し離れた所に長良川が流れる
その昔、美濃の町はもう少し川沿いにあったが
川が氾濫するので今の高台に町を移した
お地蔵さんが町から離れた川沿いに多いことが
その事実を裏付けているのだ
と町の人は言うった

おそらく、この時代の生活の中で
火事は恐ろしいもののひとつ
建物自体、現在と違って燃えやすいものから出来ているし
しかも、この地域は和紙の産地
商売品が燃えてしまっては大変だ

火事の時の火消しの水
長良川から離れることになったので
隣家との境に「うだつ」をこしらえた
隣の家の火が安易に回ってこないように

うだつ」の中でも、
本うだつ」と呼ばれる立派な「うだつ」がある
この「うだつ」を作るには当時莫大な費用がかかった
出世してお金持ちにならなければ作れなかったのだ

こういういきさつがあって
うだつが上がる=出世する
うだつが上がらない=仕事がうまくいかない
というような意味の言葉が生まれたようだ


美濃市内の主な観光施設

☆美濃和紙の里会館
美濃市蕨生1851-3 0575-34-8111
開館時間:9:00~17:00
入館料:高校生以上の大人500円・小中学生250円
☆美濃和紙あかりアート館
美濃市本住町1901-3 0575-33-3772
開館時間:4月~9月 9:00~16:30
      10月~3月 9:00~16:00
入館料:200円(子供無料)
☆旧今井家住宅・美濃市史料館
美濃市泉町1883 0575-33-0021
開館時間:4月~9月 9:00~16:30
      10月~3月 9:00~16:00
入館料:300円(子供無料)
by hanatsudoi | 2011-10-28 07:32 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

ありがとう バスボム

a0101801_7355519.jpg
a0101801_736722.jpg

先日、宮城県亘理郡に住むお友達の知子さんから届きました
【ありがとう バスボム】
かわいいラッピングに
震災時、支援などに関わってくれた方へのメッセージを添えて―

まだ使っていないのですが
お湯に入れると
【ありがとう】の文字が飛び出してくるとか003.gif

震災後、
HANATSUDOIの活動で頂いた、お花代やレッスン代の一部を使って、
応援の気持ちを何かしらの形に替えてお届けしました
それに対し、知子さんが「ありがとう」の気持ちをこめて送ってくれたのがこのバスボムです
この商品を作っているのは山元町共同作業所
障害を持つ子供たちの社会参加を支援している場所です
私は震災を縁に、この山元町共同作業所を知りました
今日はHANATSUDOIブログを通して
皆さんにも知ってもらいたいと思って記事にしました

頂いた8個の【ありがとうバスボム】は、
特にHANATSUDOIの活動に協力して下さった、
お客さまと(一部の)生徒さんにお渡ししたいと思います
全ての方にお渡しできない事をお許し下さい



山元町共同作業所
ADD:宮城県亘理郡真庭字名生東75-7
TEL:0223-37-0205
FAX:0223-37-0203


☆関連記事☆

☆宮城県亘理郡山元町のこと⇒知子さんからのお手紙から

☆山元町共同作業所の商品⇒手づくりジャム

☆被災地の応援⇒今までの行動

by hanatsudoi | 2011-10-27 07:36 | エッセー | Trackback | Comments(0)

手ぶらdeレッスン-11月 のお知らせ

a0101801_20571931.jpg

素敵な器が見つかったので
使ってみることにしました

この器の形が生かされるアレンジ

そう考えたらやっぱり
アジアの高級リゾートホテルに飾ってあるようなお花―
カラーは白とグリーン
すっきり純潔なイメージ
でもその中にかすかな色気もあって

写真はサンプルなのでデンファレ(ビッグホワイト)しか使っていないけれど
当日はもう少し複雑な白を作ってみたいと思います
by hanatsudoi | 2011-10-26 21:02 | 花あしらい教室 | Trackback | Comments(0)

美濃和紙 染色揉み紙 @美濃和紙の里会館

美濃の和紙
こんなに大胆な染色って見たことない
染色だけで完成してる
京版というサイズがF30号の台紙にピッタリ


日ごろ、お花を通しても思うことなんだけれど、
モノ(花)の大きさやサイズ、形って大事な要素だと思う
色は当然のことながら、
見た目を複雑にした方が美しいという観点からすると、
これらの要素(大きさや形)も絡み合うとより繊細な見た目が出来上がる
なんてことを思った―

a0101801_8135613.jpg
a0101801_814674.jpg
a0101801_8141835.jpg
a0101801_8144049.jpg

a0101801_8335326.jpg
a0101801_8321223.jpg

by hanatsudoi | 2011-10-25 08:19 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)

飛騨牛

a0101801_9104155.jpg

馬喰一代@岐阜市 長良本家店

先日、岐阜に行った際
大垣に住む友人がわざわざ私をもてなすために
連れて行ってくれたところ
地元ではいいお肉を出すということで有名だそうだ

普段牛肉はあまり食べないのだけれど
この日は、
口から溢れ出るくらい
美味しいお肉をたくさん食べた!

牛肉のコースなんだけど
いろんなスタイルで料理が並んで
牛肉づくし
どこの部位とか丁寧に説明してくれたけど
すっかり忘れてます…
料理取材には向いてないの
すぐ食べちゃうから写真も撮れないし…


今改めて思い出すけど…
岐阜はすごいね
文化水準の高さには驚く


こんな美味しいところに連れて行ってくれたYさん
ありがとう043.gif

東京にもあった!⇒銀座馬喰一代
by hanatsudoi | 2011-10-24 09:10 | エッセー | Trackback | Comments(0)

ペルー マチュピチュのお土産

a0101801_8452449.jpg

先日会った高校時代の親友MINAKOさんから
ペルーのお土産を頂きました
彼女の旅スタイルは世界のいろんな場所を見ること
気に入った同じ場所をリピートする方法とは異なります
前回はアフリカ ケニアだったっけ
a0101801_8453889.jpg

ペルーはアルパカが特産品だそう
可愛い色のストールでしょ003.gif
早速使ってみたのだけれど
最高級の毛を使っているだけに質のよい温かさ!
なんていっても柔らかくて軽いんだよね―
ありがとう、既にお気に入りだよー003.gif


アルパカ
Suri & Huacaya
リーフレットが面白いので紹介します
―2種類のアルパカ―

朝の記事には毛を刈り取る前と後と書きましたが…2種類だったようです(10/23.13:00訂正)
不十分な確認のまま記事にしたことをお詫びいたします

a0101801_8455438.jpg

これが、毛のタップリと長く伸びた ある意味 衝撃的なALPACA SURI
頭と胴体が繋がってるし…
a0101801_846697.jpg

レゲエの兄さん…025.gif
ちなみに
染色できるので、白の毛が人気だそう
なので有色(茶色等)の毛を持つアルパカは貴重らしい 

a0101801_8461730.jpg

これは、ALPACA HUACAYA
すっきり出来る男~といった雰囲気
動物園に居そうな
人の手が入った(手入れされた)姿に見える
a0101801_8462888.jpg

心なしか顔も凛としている

今、丁度 読んでいる本
心を上手に透視する方法/トルステン・ハーフェナー著/福原美穂子訳/サンマーク出版/2011.10
に書いてあった
第一印象は外見でほぼ決まるという

私も身だしなみ気をつけなくっちゃ!
by hanatsudoi | 2011-10-23 09:08 | エッセー | Trackback | Comments(0)

言葉・感性・コミュニケーション考 VOL3

言葉・感性・コミュニケーション考 VOL1⇒No1~No19 
言葉・感性・コミュニケーション考 VOL2⇒No20~No43


その44
好きと思えること

こんにちは☆今日はしとしと雨。なんだかずーんと寂しくなります……、なんだか寂しい…。最近、2年半前に亡くなった母を思い出すことが増えました。心に出来た隙間を埋めつくす温かくて優しいものがあったら―そんな風に感じることがあります。人はやっぱり一人では寂しいんでしょうね。限りなく自分のことを受け入れて愛してくれる誰かを必要としているんだと思います。そう、いつもいつも。
 限られた人生の中で、そんな人に何人出会えるのでしょうか。…家族・友人・恋人…片手で数えられるほど少ないかもしれませんね。だから、好きと思える人が現れたら大事にしましょう。愛する気持ちを大切にしましょう。
11月19日(土)


その44
大事な物は儚いもの中にある

  昨日は、30年という稀に長い、更に同じ密度でお付き合いをしている友人のminakoと食事を。そう…30年間私を見続けてきた人―ということになる。長いだけに、今の私以外の私、今の私に到達するまでの私も知っている。どうも、私という人は30年間変わっていないらしく―彼女が言うのなら―それはきっと本当なんだろうと思う。すごく変わったように自分では思うんだけど、残念ながらそうでもないらしい。  
 沢山の人達の間をクネクネ織り綴りながら、私達は何十年もかけて生き続ける。特別な歴史を作った人を除いて、私達のそれは全く個人的な出来事であって、誰かに語り見せて伝えるようなものではない。何も無かったかのように魂と共に消えていくもの。そんな儚い結果になると知っている他者との関係性の中で、私達は一喜一憂している。そう―大事な物…は、この儚いもの中にある―なんてことを、思った一日。
10月21日(金)


その45
自分の基準

 このところの、私の心に留まった出来事…、山口県の高速で起きた玉突き事故…14台のうち8台がフェラーリだった事実に驚き…けが人だけで済んだことにも驚き…。さすが、フェラーリ。事故でありながら、宣伝にも使えてしまえそうな出来事。
 また、【坂の上の雲】 、年末恒例のドラマが昨晩より始まりました。ドラマを見ながら感じたこと。情報操作によって、戦争の勝敗の事実さえも変えられかねない社会の中で、何を選択するかは難しい問題に思われますが、意外に単純かもしれない。高橋是清とユダヤ商人シンとの会話のシーンでそう思いました。選択を迫られた時の基準を自分が信じられる人やモノにおくということ。人の生きる姿勢や行動から、自分にとって信じられる人かどうかは見えてくるものだと思います。或いは恩というものでも言い表せるのかもしれません。
 ―この視点から判断していくとぶれずに選択出来るのかもしれない。
12月5日(月)


その46
人が変る時

 おはようございます★本日から仕事始めの方も多くいらっしゃると思います。スタートしたら止まれませんから気合入れましょうね。
 さて、2011年の終わりに、指名手配中だった元オウム真理教の平田容疑者が自首しました。17年にも及ぶ逃亡の末、何故自首を選んだのか。自分のしていることがちっぽけに見えたからとも言われています。なぜならば、3月に起こった大地震、それに引続き原発事故、そして、彼の母親が亡くなった、これらの事柄が彼の心に何かを届けたからのようです。諸説はありますが、素直に解釈しておきましょう…。
 そう考えると、あれだけの未曾有の大被害は、あらゆる人達の心を大きく動かすことが出来たということですね。人に感じる心があれば、やり直しが可能である、あきらめる必要は無いのでしょう。人の心の奥深さを感じたニュースでした。
1月4日(水)


その47
何かが変わった

昨日は、大学の同窓生と芸術談義。モノが残っていくこととか、映画の表現、言葉の伝播の仕方、なんてことを一生懸命話していたら、あっという間に時間が経って……。美大での勉強を通して、造形に対する見方が変わって、感じ方も変って、アウトプットする方法も変わった。だから、同じ温度・感覚で話せる友達との会話って尊いなって思う。
 その友人は、映画の仕事をしている方だけれど、私と会って和紙に興味を持つようになったと言ってくれた。畑が違って、おそらく和紙など必要のない世界に、これからも必要としないだろうと思われるところに居る人に、そのように言ってもらえたことがとっても嬉しかった。
 昨日は、その友達のおかげで、私がこれからやっていくことの意味を教えてもらった気がする。大学を通して彼と出会えたことに心から感謝。とても満足できる会話が出来た一日だった。ありがとう☆
1月25日(水)


その48
自己改造

 こんにちは。昨晩のお月様も綺麗でしたね。お友達で月を大切にしてる方がいるので、最近は星より月を感じることの方が多くなりました。大好きな星空ウォッチング、冬の星座のオールスターキャストをまだ確認していません。
 さて、昨日も良いレッスンが出来ました。花を触ることを通して、技術だけでない何かを…経験から得る何かを持って帰ってもらいたいと常々思っています。昨晩、生徒さんのお1人と帰り際に立ち話。もともと、とてもお花が上手に作れる方なのですが、改造計画実施中、もっと楽にお花が作れるように…。どうやら、だいぶ変ってきたようで、久しぶりに彼女の作品をみた他の生徒さんに、すごく作り方が変った!と驚かれていました。物づくりは、作った人が出てくる―そんな事を改めて教えてくれる生徒さん、自己改造頑張って!!!☆
2月10日(金)
by hanatsudoi | 2011-10-22 08:29 | エッセー | Trackback | Comments(0)

かわいい三兄弟ベア

a0101801_8221143.jpg

by hanatsudoi | 2011-10-22 08:22 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)