「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

HANDS OF LOVE 

a0101801_7555146.jpg
HANDS OF LOVE
FUNDRAISER FROM SEATTLE TO ISHINOMAKI


音楽を通じて、日本とアメリカを繋ぎ、宗教の壁を越えていく力を一緒に感じて下さい。

アメリカ、シアトルのトータルエクスピアリエンス・ゴスペルクワイヤ(T.E.G.C)が来日した2006.2007年にコンサートを行った石巻市。2006年の西光寺の本堂でのコンサートは仏教とキリスト教の壁を越えた素晴らしい瞬間でした。
「二回の滞在により、私たちはとても心温まる交流ができ、また本当にお世話になったので、今度は私達の番です。お寺を修復し、また元の状態に戻る助けになりたい」と、クワイヤの主宰者であるパット・ライト牧師(PASTOR PAT WRIGHT)は強く語ります。彼女たちが歌って寄付を受けたお金を。石巻市の西光寺へ送り、お寺の再建を支援するという内容です。

今年4月、シアトルのエニベザー・エイエムイー・ズィオン教会において、イースター祭のための演目「He would not come down」の上演時に行った、東日本大震災のプレゼンテーションを皮切りに、少なくとも来年初夏までにこの活動を続け、全国何カ所と、出来れば石巻で彼女たちのコンサートを開催しようというプロジェクトです。

主催:Hands of love-fundraiser from seattle to Ishinomaki-実行委員会
(リーフレットより引用)

今回、友人のミホさんが取り組んでいるこのプロジェクトに
協力できることはないかと伝えたところ、
このコンサート来場者の記念になる商品―例えばポストカード等を、
ちぎり絵で作って販売したい、というお話を頂きました。

このブログをご覧になっている方はご存知と思いますが、
ミホさんはジャズピアニストであり、
昨年、聴覚と視覚のコラボという視点から、
ピアノと花を同じ場所で存在させる試みを一緒に実現してくれた方です

ちぎり絵に対するミホさんからの前向きなご提案
どうやったら、お役に立てるか―考えました
もちろん売り上げの一部は石巻の支援に繋がっていきますから、
多くの方が買いやすい形にする事が必要です

このコンサートのイメージ画作って、
それをカードにして販売したら、
皆さんが買いやすくなるのではないかとお伝えして、
生まれたのがこの絵

a0101801_7562392.jpg

ふたつでひとつ、というLOVE
決して溶け合ってひとつになっているのではない―
それぞれ自立したふたつのものが結ばれている
という意味を表しています


ハートがふたつに分かれたこの形
アメリカと日本、仏教とキリスト教、そして、あなたと私
それぞれはひとつで存在するのに
ふたつが重なった部分は違う色に変化して
新しいものが生まれてくる

和紙が持つぬくもりと素朴さ
どこか心の奥底で繋がるような
そんな感じが伝わればいいかなと思います

コンサート会場で販売します
現在香川県多度津町、東京都玉川区民会館、宇都宮、石巻で行うことが確定していますので、
是非、お近くにお住まいの方は素晴らしい歌声を聞きに行って下さい

このプロジェクトについて詳細⇒こちら
by hanatsudoi | 2012-01-31 08:01 | ちぎりえ ワーク | Trackback | Comments(0)

バレンタインにむけて…和紙のハート☆

a0101801_1184277.jpg


なんか
かわいいよね

和紙の繊維のもさもさも
なんか
かわいい
by hanatsudoi | 2012-01-30 11:09 | ちぎりえ ワーク | Trackback | Comments(0)

HANDS OF LOVE

a0101801_927451.jpg
a0101801_9272715.jpg

by hanatsudoi | 2012-01-29 09:27 | エッセー | Trackback | Comments(0)

トルコキキョウ ―アンバーダブルミント―

a0101801_7354645.jpg

本当の黄緑色のトルコキキョウ
薄いペパーミントグリーンのトルコは通常あるのだけれど
ここまで黄緑色のトルコキキョウは珍しい

花弁がしっかり巻き込んでいて
花芯は見えない
花の大きさは中くらい
花形はラナンキュラスのように丸い

この状態のまま枯れていくようだ
by hanatsudoi | 2012-01-29 07:40 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

レンコン

a0101801_12125324.jpg

レンコンって?
レンコンは「蓮の根」と書きますが、実は根ではなく、泥の中で繋がった茎が大きくなったものです。沢山穴が開いていた切り口の形から、「見通しが良い」「先が見える」とされ、縁起物としてお正月料理には欠かせない野菜の一つです。

体の中から美しく健康に
 レンコンはビタミンCが豊富に含まれ、その量はミカンの1.5倍と言われています。ビタミンCは免疫力を高めて風邪などを予防する他、肉や魚などたんぱく質を含む食材と組合わせて摂ることで美肌効果も期待できます。
 また、食物繊維も多く含まれ、便秘の予防や改善、血糖値の上昇を抑え、コレステロールの吸収を抑制する働きがあります。
 他にも、レンコン特有の粘りはムチンによるもので、たんぱく質の吸収や脂肪の消化を助け。細胞の老化を防ぐ働きもあります。

風邪の予防に
 新鮮なレンコンをすりおろした絞り汁を飲むと、痰を切り、咳止めや二日酔いに効果があるとされています。皮を剥かずにおろす方が効果的だそうです。また、絞り汁に大根おろし汁を同量合わせて熱湯で薄めて飲むと、風邪の症状を改善する効果があるとされています。

美味しいレンコンの選び方
 ①形がふっくらとして丸く肉厚なもの
 ②節と節の間が長く太くて真っすぐなもの
 ③切ってあるものは、穴が小さく内側が白いもの

レンコンの保存方法
 一本丸ごとのものは新聞紙に包んでポリ袋に入れ冷蔵庫で保存。切ったものは切り口が空気に触れないようにラップでしっかりと包み、冷蔵庫で保存。

「兵四郎だより 54号」より文章を引用


最近の私のレンコン料理のヒット
レンコンをサイコロ上にカットしてごま油で素揚げしたものを出汁に浸して頂く方法。ネットリ感もあって甘くて美味しい。常備菜としてもGOODです☆
by hanatsudoi | 2012-01-28 12:26 | エッセー | Trackback | Comments(0)

マグノリア ―木蓮―

a0101801_1463397.jpg

寒い季節に膨らみ始める大きな蕾
ささやかな春の日差しを
一生懸命集めて
ほっくり咲き始める姿を眺めていると
これから桜色に染まる季節がやってくるのだと
実感するのだ

遅々としていても
かならず季節は巡る
人が立ち止まっていても
休みなく季節は移り変わっている
by hanatsudoi | 2012-01-26 14:10 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

お義母様のお誕生日に

a0101801_12492998.jpg

今日もお義母様へのお誕生お祝いのお花のご発送です
こういうご注文を下さるお嫁さんは
きっと姑さんとのお付き合いを、
日ごろからおきちんと出来ているお嫁さんなのだと思います

1月生まれのお母様方はお幸せです
なぜならば、この時期は春のお花がいっぱい出回り、
種類も色も豊富―
そして何といっても香りの良い花が多い!
a0101801_12494484.jpg

色とりどりの優しい雰囲気の花達を
「おめでとうございます」のメッセージを乗せてお届けしましょう!


§使用花材§
薔薇/サムライ
トルコキキョウ/アンダーダブルミント
ガーベラ/ユマ
カーネーション/ダークランデブー
ストック/マリンアイアン
スィートピー/バイオレット
モクレン
エビデンドラム/ピンク
レモンリーフ

by hanatsudoi | 2012-01-24 13:00 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

お義母さまのお誕生日に

a0101801_7273389.jpg

続きます―
お義母さまへのお誕生日お祝いのお花!

この1週間で5件

頂いた情報の中で
イメージに直結したのは
仮屋崎省吾さんの展覧会のお花に感動されたという点
かなり濃厚な色を重ねても受け入れてもらえるだろう
というよりは、
ナチュラルでは物足りないと思われるに違いない

そこで、
紅い薔薇と紫のスィートピー
ブラックリーフでデザイン的な要素を加えてみました

その他は、
春の花を―

雪解けの朝
ご配達予定です!


§使用花材§
薔薇/サムライ
トルコキキョウ/アンダーダブルミント
ストック/マリンアイアン
スウィートピー/ヴァイオレット
大輪カーネーション/ダークランデブー
エビデンドラム
リューココリーネ
ブラックリーフ
レモンリーフ

by hanatsudoi | 2012-01-24 07:36 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

2012年旧正月の本日

a0101801_13534274.jpg

2012年1月23日
本日は旧正月
新たな一年の始まり

写真は、七草粥にいれた京大根の芽
2週間でこのような状態に!
みずみずしくて綺麗

1月7日の大根は⇒こちら

昨日、フラメンコの発表会が終わり
そのための練習で
年末年始の区切りも無いまま年が明けたので
本日改めて仕切りなおしの元旦

今年が始まる
爽やかな気持ちでスタート!

かねてより
当ブログでも告知していましたが
フラメンコを鑑賞してくださった皆様
お忙しい中をいらして頂き感謝です

つたない踊りでしたが
ここまでにいたる努力の成果は感じて頂けたかと思います
アマチュアリズム
この―一生懸命―という価値を
今回の過程でたっぷり経験しました

一緒に踊ってくれた仲間
支えてくれた周囲の人々
応援してくれた友人たち

どうもありがとうございました!
by hanatsudoi | 2012-01-23 14:00 | エッセー | Trackback | Comments(0)

積層陶器 展示@ギャラリーくぼた

a0101801_13331326.jpg

水差しと香入れ (九貫 昭和氏 作)


第30回 TDK積層陶器研究会
第7回 市川市民積層冬季同好会
合同作品展

会場:ギャラリーくぼた 5F
会期:平成24年1月17日(火)~1月22日(日)10時~18時(最終日は15時)

知人のおじ様が
30年来続けている
積層陶器の制作
始まりはTDKの会社の中から
有志が集まって作り上げたものだそうです

昨日、展覧会があったので拝見してきました
年々とどまることなく、作品に創意工夫が成されているのが分ります

今年で30周年だそうです
集まった方達による切磋琢磨の活動によって
この造形の歴史が作られているのだなと感じました
こうやって、人の努力により継続されていくものが
後に造形の体系のひとつとなり
更に長い年月を超えていくのでしょう

残っていくためには、
人が係わらなくてはいけません
ただ何となく…モノは残ってはいかないからです

練上げ(練りこみ)
 焼き上がり色の異なる数種の陶土を交互に重ねたり、組み合わせたりすることにより柄(文様)を更正し、これによって器物を作り上げる、この手法を練上げ(練りこみ)という。古くは中国の唐・宗時代から僅かながら作られてきた。
 異なる土と土の完全接着が困難なことから、完成品を得ることが極めて難しい、そのうえ柄作りにも独自の工夫を要するため昔から技法を秘伝とされたのか、今日までその具体的な記述は見当たらない。
 最近になって練上げの作品が多く見られるが、人工の着色土を用いて柄組みをしたものが多い。

堆彩陶(練上げて作る土の織物)
 故赤田士朗先生は、鐘紡で得た織物柄組みの知識を基に、自然土本来のナイーブな焼成発色を生かした独自の練上げ陶器を完成させた。自然のままの土を数種類用い、土そのものの色とのその濃淡を種々に組合わせ、あたかも織り、または編んだような地模様を構成した陶器を「堆彩陶」と名付けられた。

積層陶器
 私達は、赤田先生指導の下、この堆彩陶を目指して作陶を続けてきた。異なった土を一枚一枚剥いで、交互に積み重ね切断して柄を出していく、縮率の異なる土の接着や精密な柄を出していくために、研究や創造を繰り返す。
 その異材質・同時焼成の技術はTDKの積層電子部品とも一脈通ずるところもあって「積層陶器」と名付けた。
(展覧会リーフレットより引用)
by hanatsudoi | 2012-01-20 13:57 | アートの勉強 | Trackback | Comments(0)