<   2013年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

花紙絵@小津和紙

花紙絵-8月

日時:2013年8月28日(水)10:00~12:00
会場:小津和紙(小伝馬町)
内容:りんどう
会費:3500円(材料キット・講習費・諸経費)
講師:和紙造形作家 木南有美子
   都内大手ホテル手漉き和紙ブーケ制作
   ミスワールド日本代表が持つ手漉き和紙ブーケを制作
   【LOTUS】ブーケは9月開催の世界大会にも使われます
   全国和紙ちぎり絵芸術協会 教授
   国際ライセンス プロフェッサー取得
   フラワーコーディネーター
受賞歴 全国和紙画展2011年~2013年 ちぎり絵作品入選等
   
武蔵野美術大学通信教育課程芸術文化学科造形研究コース
卒業論文 優秀賞
   【ちぎり絵の大衆普及の背景にあるもの
         ―土佐典具帖紙を救ったのは何かー】


a0101801_1085897.jpg

花紙絵レッスンは、
毎月第4水曜日に行っています。
現在、2年でディプロマを習得するカリキュラムを計画中。
10月を目標に、正式にスタートする予定です。
a0101801_107298.jpg

a0101801_1092774.jpg


056.gif花紙絵って? 056.gif

手漉き和紙で作る花
和紙を花の形にする前に、
生花の観察から始めます。
本物の花を解体し、構造を把握してから制作するのが花紙絵スタイル

使う和紙は、手漉き和紙
はさみは使わず手でちぎってパーツを作っていくことも、もう一つのポイント
ちぎることで楮の繊維が切り口に表われ、
独特な表情が生まれます

3回3種類の花を作ったら、
フラワーアレンジメントを作って飾れる状態に仕上げます
長年にわたり生花を扱ってきた講師ならではのレッスンが受けられます

カリキュラム構築中です
1年目は、手漉き和紙をちぎることの練習
和紙の染めむらを読むことも技術のひとつです
その練習課題として
ちぎり絵をカリキュラムに取り入れています

2年目は、より高度なフラワーアレンジメントの装花技術を学びます
ワイヤリングして作る花が中心になります。

2年間のカリキュラムが終わったら、
終了証(ディプロマ)を発行します
そのあとも、社会で活躍できるような仕組みを考えております
by hanatsudoi | 2013-08-30 10:10 | PIARAS | Trackback | Comments(0)

ミスワールド 日本代表 に持って頂いた手漉き和紙ブーケ【LOTUS】

ミスワールド 日本代表田中道子さん 公式web

a0101801_8173885.jpg

手漉き和紙ブーケ
【LOTUS】
手漉き和紙の、
テンション
色味
柔らかさ

そんな要素をそのまま生かしたブーケです
by hanatsudoi | 2013-08-28 08:14 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)

【花紙絵】レッスン-8月@日本橋小津和紙

【花紙絵】レッスン
a0101801_1131186.jpg


9月のレッスン

日 時: 2013年8月28日(水)10時~12時
会 場: 日本橋小津和紙会館8F 第二教室
会 費: 3500円(教材費・講習費等すべて込) PIARAS会員3000円
内 容: りんどう(写真の奥が和紙、手前が本物)
      初心者の方はベーシックな花を作って頂きます

お問い合わせ:info@piaras.org
by hanatsudoi | 2013-08-26 11:34 | PIARAS | Trackback | Comments(0)

水引草

a0101801_18562075.jpg

by hanatsudoi | 2013-08-23 18:58 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

客迎えの花 @奥能登 さか本旅館

能登 さか本旅館

婦人画報にも取り上げられるほどの
上質な
繊細な
美しい佇まいの空間を作っている旅館

一見さんお断りとは言わないけれど
お客様が宿を選ぶだけでなく
ゲストが宿に選ばれるというのもあるのだな

この放っておかれ感がたまらなく心地よい
これこそが
―もてなし―と


a0101801_8164410.jpg
  
入口のお花
この写真だけ見ても何かが伝わるでしょう
by hanatsudoi | 2013-08-20 08:21 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

能登輪島 仁行和紙

a0101801_734281.jpg

小川にかかる
人が通り過ぎれるかどうかの
幅の狭い橋を渡ると
その先に一軒 
遠見さんの手すき和紙工房が建っています
a0101801_7364192.jpg

工房の裏には
下枝を落とした手入れされた杉林
この付近は杉の木が多いそう
a0101801_7381323.jpg



a0101801_739196.jpg

ここが仁行和紙の工房
奥で、にこやかに笑っているのが
遠見さん
a0101801_740643.jpg

どこの工房も似たように
紙漉きしながら外の景色が見える位置に
槽が置かれている
山の間を抜け通る、気持ち良いそよ風が工房内に入ってくる
a0101801_7421091.jpg

能登半島が快晴を拝める日数は、
一年で平均12日だとか
亡くなった母がよく言っていた
能登はお天気の日が少ない
遠見さんのお話では、
板干しが出来ないそう、
だからもっぱら鉄板を使って乾かす
薪を燃やして温める
薪は近所の大工さんが廃材を持ってきてくれるのだそう
a0101801_7461752.jpg

私が訪問した時は生漉きの和紙が全部売り切れ!
棚の中にはおもしろい和紙がたくさんでした
a0101801_748389.jpg

壇ノ浦の合戦後、平時忠が能登に流されたことは知られていますが、
その子供の時国の暮らした家が文化財として輪島に保存されています
その藁ぶき屋根の葺き替えをした
職人さんの依頼で葦を和紙に入れて欲しい―
ということで出来たのが、
写真一番上にある和紙
次が、輪島の海岸線で穫れたアオサ入り
そして、アヅキの皮を入れたもの
一番下が、杉皮和紙(未晒し)

依頼されたことは
なんでもやってみる
そんなパワーにあふれた紙透さんです

仁行和紙の工房は、能登珠洲道路輪島方面に向かう側道に入り、
山間を走ること30分程度
静かな集落の中にぽつんと一軒建っています。
by hanatsudoi | 2013-08-19 07:54 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)

湯っ足パーク@能登 和倉温泉

a0101801_13512111.jpg

和倉温泉の繁華街に行く途中で
足湯を楽しめる場所がありました!
目の前には能登島がゆったり見えます
その名も【湯っ足りパーク】

a0101801_13483480.jpg

吾妻屋に写真のような湯船があって
潮風に吹かれながら
足を温められます
七尾西湾を眺めながら…

a0101801_13542876.jpg

和倉温泉は軒並み高級旅館―のイメージがありますが…
この施設は、無料!
和倉温泉駅下車徒歩15分程度
by hanatsudoi | 2013-08-15 13:56 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

竹林@珠洲市 さかもと旅館

鉱泉が湧き出ることでも、地元では有名なところ
写真は、お風呂場の窓から見える竹林
a0101801_983097.jpg


ここは、知る人ぞ知る旅館
一元さんお断りなだけあって
素晴らしい時間が過ごせる
いたって、あたりまえ
その、あたりまえの軸がブレずに
もてなしは続いている
a0101801_9122376.jpg

何気なく置かれるものが
丁寧にそこにある

a0101801_9135942.jpg

どの場所も
美しいしつらえ
どの場所も
婦人画報で扱われるような写真が撮れます☆

a0101801_915177.jpg

離れは自由に使えるスペース
クーラーもあり床暖房も設置されているそう
ここの部屋は近代文明の利器を用意し、
気持ちよく便利に使えるようになっている
by hanatsudoi | 2013-08-14 09:17 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

千枚田@輪島

a0101801_21453714.jpg

千枚田が臨む日本海
a0101801_21444363.jpg

下から上を眺めた景色
by hanatsudoi | 2013-08-12 21:49 | 自然観察日記-写真集- | Trackback | Comments(0)

お盆のお花

a0101801_233533.jpg

お盆に送る花

お盆のお花は、いろんな色を使います
沢山の色を使うのに
それでなんだかしっくりしてしまうのが不思議
そして、この混色が
亡くなった方たちを楽しませているような気がします

¶使用花材¶
鉄砲百合
輪菊 赤
ピンポンマム 黄
小菊 赤
トメヤリ
リンドウ 白
久留米鶏頭 赤
トルコキキョウ
モンステラ
ドラセナ/ハワイアンフラッグ


a0101801_0373656.jpg

PCを変えたばかりで
写真の回転が出来ず申し訳ありません001.gif
by hanatsudoi | 2013-08-09 23:42 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)