「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

HANATSUDOI 花あしらいレッスン


emoticon-0152-heart.gifレッスン花材emoticon-0152-heart.gif

今回は、作ったアレンジをご出産祝いに差し上げたい方がいらっしゃるので
お母さんとなられた方が
御覧になってホッとできるような
ふさわしい花選びをしました




a0101801_06265022.jpg
ツインキャンドル
a0101801_06271846.jpg
大輪マム オペラ

a0101801_06281018.jpg
ギガンジューム
菖蒲
梅花空木
リューカデンドロン




a0101801_06261788.jpg

トルコキキョウ
【小夏オレンジ】



a0101801_06333922.jpg


そして、器は可愛いピンクで★
emoticon-0152-heart.gifしかも持ちて付きemoticon-0152-heart.gif


by hanatsudoi | 2015-05-30 06:34 | 花あしらい教室 | Trackback | Comments(0)

飛騨職人生活 CALMSの仕事

a0101801_07510605.jpg


WACICC.
HANATSUDOI/PIARASの商品・パーツ制作をお願いしている
岩手県奥州市の工房に名前を付けました
写真は、工房の看板!

丁寧な手作業で手漉き和紙を扱ってくれているのが幸代さんです
そして、これからは
手漉き和紙で作るお花の教室【花紙絵】も始める予定ですよ

この看板の文字を作って下さったのは
4月に訪問した飛騨高山にある飛騨職人生活■calmsさん

a0101801_08172139.jpg

昨年秋に東京神宮絵画館で行われた
東京デザイナーズウィーク本会場の展示で
お隣のブースにいらしたのが堅田さんです
多くの方が足をとめて立ち寄っていたブースでしたよ


a0101801_08183900.jpg


デザイナーズウィーク後も、
連絡を取りながら交流を続けていましたが
いろいろな用件が高山でまとまり
4月に伺うことに!
この時に綿密な計画を立てて下さり
飛騨高山のご紹介役をかって出て下さいました

a0101801_08191012.jpg


堅田さんの作る木工製品
めったに所有できないレーザーカッターを駆使して作った
精密な文字パーツ
これだけでも絵になる世界ですね!
文字に特化した商品は
主に看板・インテリアに使うことを目的として販売されています

フォントの微妙な表現も
きちっと叶えてくれる仕上がり!

a0101801_08195250.jpg


林業で栄えた飛騨高山の土地を愛し
そこから生み出された素材を
都会に向けて紹介しています

工房ではCAFEもされていて
地元の若者が集う場所になっているようです
というのも、堅田さんは
車を使った移動カフェで成功した経験を持っている
飛騨高山では有名な人

是非、飛騨高山に行ったら立ち寄ってみてください。

文字について
堅田さんに頼めば
希望の通り確実に作ってくれますよ!












by hanatsudoi | 2015-05-28 08:43 | アンテナ | Trackback | Comments(0)

スペシャルティ珈琲染め手漉き和紙アレンジ

a0101801_07265770.jpg


本美濃薄をスペシャルティ珈琲
イルガチェフ(エチオピア)の高濃度の染液で染色
丹後和紙を重ね合わせながら大輪のバラを作りました
花芯には、金沢金箔
国選定 選定保存技術となった縁付金箔
4号純金の箔を付けています

ご依頼主様からのリクエストにより
贈られる方のお名前を
金箔ジュエリー(商品名)で記しました


a0101801_07294408.jpg

ミルフィーユのように幾層にも重なる手漉き和紙
もちろんハサミを使わないので
ちぎり端からは楮の繊維が元気にフワフワ出ています

a0101801_07302446.jpg


ぱっと見ると花束のように見えるラッピングで
太いリボンで帯結びを

ラッピングは美濃和紙
美濃竹紙工房さんのカス入り楮紙
カス入りと言っても丈夫で美しい

a0101801_07482375.jpg


和紙花に添えて
重要無形文化財
三重県鈴鹿の伊勢型紙
伝統工芸師 木村正明さんに
珈琲のお豆模様を彫って頂きました
オリジナルコースターです
木村さんは先日GUCCIとインデンとのコラボで
伊勢丹にいらしていた方です
GUCCIとのコラボ

伊勢型紙は本美濃紙を何枚か重ね柿渋を塗った和紙を使います
今回の和紙花のアレンジとは
珈琲と本美濃紙でリンクしていま

a0101801_07485322.jpg


デコレーションには
スペシャルティ珈琲イルガチェフ(エチオピア)を使用
豆の大きさが一般のものより小さく
デコレーションで使うにはピッタリのサイズ
飲むためにローストしたものを
染液・デコレーションとして使いました





by hanatsudoi | 2015-05-27 07:37 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

HANATSUDOI  フラワーレッスン

a0101801_17561422.jpg

HANATSUDOI
これからのお花のレッスン

単位制:1単位2500円
生け花:1単位
アレンジメント:2単位



■5月31日(日)@ 成増
11:00~15:00
予約制


■6月9日(火)@ 表参道
17:30~21:00
制作時間:1時間半程度
21:00に終了できるようでしたら、ご都合に合わせてご参加頂けます

■お問合せ
hanatsudoi★jcom.home.ne.jp
(★を@に替えてください)














by hanatsudoi | 2015-05-26 07:28 | 花あしらい教室 | Trackback | Comments(0)

日本で最も美しい村展 手漉き和紙イベントの記事

a0101801_07050927.jpg


西武池袋本店の催事【日本で最も美しい村展】イベントスペースで行った吉野和紙をご紹介する活動が紙之新聞(平成27年5月18日(月)号に掲載されました












by hanatsudoi | 2015-05-25 07:09 | PIARAS | Trackback | Comments(0)

和紙のあるテーブル

a0101801_09214533.jpg
PIARASの多彩紙をお皿の代わりにして
朝食のセッティング

蕪とからし菜のスープ(ポーチドエッグ)
珈琲はイルガチェフ(エチオピア)
キウィのフルーツソース

a0101801_09195375.jpg


そして
今日は愛犬まるるの命日です

18歳で天使になった彼を思いながら一日を過ごします





















by hanatsudoi | 2015-05-24 09:24 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)

6月のレッスン予定

HANATSUDOIレッスン
 1単位2500円をレッスン前にお支払いください
     生け花1単位
     フラワーアレンジメント2単位

2015年6月 
9日(火)18:00〜21:00  @表参道
20日(土)11:00〜15:00  @成増アトリエ
24日(水)10:00〜12:00  PIARAS花紙絵@小津和紙
28日(日)11:00〜15:00  @成増アトリエ

*いずづれのレッスンも制作時間1時間半程度です。
時間内で終わって頂ければ、ご都合の良い時間にご参加できます
花紙絵教室は1単位3500円となります


今の市場は、春らしい球根花が一気に姿を隠し
新緑の美しい花材で溢れています
シーズンのバラが豊富に出揃い、
春の華やかさとはまた違った
花色の豊かさを感じます



by hanatsudoi | 2015-05-22 10:01 | 花あしらい教室 | Trackback | Comments(0)

山口銘菓 豆子郎

a0101801_07465329.jpg


包みも上品で
美しいういろう

山口県 豆子郎



by hanatsudoi | 2015-05-22 07:48 | アンテナ | Trackback | Comments(0)

梅花空木

a0101801_21543745.jpg






清潔さが漂う凛とした花木














by hanatsudoi | 2015-05-21 21:56 | 花のオーダー | Trackback | Comments(0)

ご供花 ご遺族が癒されますように

a0101801_23052726.jpg
ご看護でお疲れの
ご遺族様が心癒されるようなアレンジを
とのリクエストを頂きました

爽やかさをいっぱいに
癒しポイントは黄色い大きな薔薇


a0101801_23045624.jpg


emoticon-0155-flower.gif使用花材emoticon-0155-flower.gif
シンピジューム/グリーン
トルコキキョウ/セレブヴァイオレット
輪菊/センブラライム
アルストロメリア/エベレスト
イングリッシュオールドローズ
ギガンジューム
アレカヤシ
フプロマコーヒー





by hanatsudoi | 2015-05-19 23:12 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)