「ほっ」と。キャンペーン

写真家 山下由紀子さんの動画


友人の山下由紀子さんは
写真家
とってもおしゃれな映像を撮る方です。
私の和紙の作品、HAGOROMOのPVは山下さんの作品

また、和紙の原料【楮】の映像も素晴らしいのでご覧ください★






# by hanatsudoi | 2017-01-02 22:31 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)

蝋梅

a0101801_13135033.jpg


蝋 梅
—ロウバイー
英名:WINTERSWEET
植物分類:ロウバイ科ロウバイ目
原産地:中国中東部

素晴らしい贈り物が
12月31日に届きました
箱を開ける前から
中に入っている主が分かります
素晴らしい香り
a0101801_13140682.jpg


お届けいただいた枝の状態がすでに絵になっていたので(写真上)
枝ぶりはそのまま
生けさせていただきました


綺麗に生けて初日を迎えることが出来ました
皆様と一緒に日々暮らしています
縁があって繋がっている皆様のおかげで
私の今日があります

ありがとうございます
今年もどうぞよろしくお願いいたします






# by hanatsudoi | 2017-01-01 13:21 | 花図鑑 | Trackback | Comments(0)

今年も一年お世話になりありがとうございました

a0101801_09570234.jpg
2012年からFBを始めて
ブログからFBの投稿比重が多くなり
だんだんブログが寂しくなってしまったここのところですが
ブログから情報を拾って下さっている方が多いとわかりましたので、
2017年はきちんと情報をUPしていきたいと思います。

久しぶりに自分のことなど書いてみます

2012年から始めた手漉き和紙の普及活動
お花より和紙の活動に行動も時間も多くさかれるようになってきました。
それでも、お花は私の表現の原点
私そのものです

手漉き和紙の活動は、職人さんとお会いしたり
生産地に関係する多くの職種の方と知り合いになれます
お花の活動より、社会に参加している感がとても高い
40歳代の家をベースにしていた活動とは違った
ダイナミックな展開がありとても魅力的です

和紙の活動は、
私の視野を広くし、私の思考を自由にし、私の興味を満たしてくれます
しかしながら
産業という厳しい世界でもあり、伝統という年数もあるので
難しいことも多くあります

そんな時に触れるお花に
心を癒されたことが沢山ありました
この感触は、毎日お花に触れていたら味わえないものです
私にお花が持つ力を改めて教えてくれた瞬間です

手漉き和紙のお花の教室
花紙絵を立ち上げましたが
これは今までのお花の活動が生み出したものです
お花をたくさん見てきた私だから考えられたものだと思います。

私にとってお花も和紙もどちらも大切
なのでこれからは表現の統合を目指して進んでいきたいと思っています。


夢がかなう
ということは
夢をかなえるために動いてくれた人がいた
ということだと思います

沢山の人に感謝し
そして、夢をかなえるために行動した自分にも感謝をして
2017年はさらなる夢の実現に向かって進みたいと思います


今まで出会った友達、知人、家族など沢山の方たちと過ごした時間で私は作られています
皆さんに作って頂いた自分にとても満足しています
ありがとうございました










# by hanatsudoi | 2016-12-31 10:19 | トップ | Trackback | Comments(0)

BIJOU 宝石箱

a0101801_22531804.jpg


今回のリクエストは
emoticon-0171-star.gif宝石箱emoticon-0171-star.gif
いろんな色のお花が入っているアレンジ

沢山の色を合わせてまとめるのは
難易度が高いのですが
今回
七色のカスミソウがあったので
こちらを使って作ることにしました!

器は、ケイトスペードのジュエリーギフトボックス
先日メーカーのセールで、このボックスが販売されていたんです。
色が綺麗で、箱がしっかりしたので
ひとつ買ったところでしたemoticon-0115-inlove.gif
テーマにピッタリ!


a0101801_22512259.jpg


カスミソウが幻想的
いろんな色があってもケンカしない
小さな色の粒がまるで宝石のようです
色がついていますが
カスミソウはフレッシュな状態が保たれています

a0101801_22510600.jpg


赤のフレミングパーロットと
黄色のラナンキュラス
このラナンは日持ちがするんですよね!
そして花びらに蝋を塗ったような光沢があります。
まるで蝶々が飛んでいるような可憐さです

使用花材
ラナンキュラス
チューリップ/フレミングパーロット
カスミソウ
ピスタキア



# by hanatsudoi | 2016-12-25 23:06 | 花あしらい | Trackback | Comments(0)

黒谷和紙 冬至

a0101801_09251242.jpg
黒谷和紙の楮畑を
冬至の夕暮れに伺いました
京都府綾部市丹波の郷
平家の落人が紙漉きを始めたという伝説が残る地域

a0101801_09242324.jpg
赤楮
少し細めの茎が2.5~3mほどの大きさに伸びています

a0101801_09234203.jpg
黒谷和紙を支えている林さん
芸術大学の講師もなさり
後進の職人を育成
他産地との情報交換を積極的に行っている職人さんです
a0101801_09255302.jpg
刈り取り後の楮の株
今まで見た産地とは少し違う株元の形
楮の刈り取りの葉の入れ方に理由がありました


a0101801_09271388.jpg
廃校した小学校が黒谷和紙工芸館
こちらで原料処理や紙漉き、和紙販売を行っています
a0101801_09292258.jpg
蒸して剥がした楮の皮を干してあります。
干して黒皮をこの段階で手をかけずに少しでも落としておきます


a0101801_09302271.jpg
甑は大型
1.5mくらいの楮の束を蒸すことが出来ます
この甑に楮を詰め込んで、そのまま鍋に逆さまにしてかぶせる
その作業を想像しただけで
にぎやかな声が掛け声が聞こえそう★
a0101801_09333238.jpg
この鍋に、甑をかぶせる!
うまく穴が一致しないと微調整が大変だそうです!
想像できます!!!!!
a0101801_09343155.jpg
作られた和紙が
一室を使って販売されています




# by hanatsudoi | 2016-12-24 09:39 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)