タグ:アートの勉強 ( 129 ) タグの人気記事

大崎漆器店@輪島

a0101801_20021960.jpg
東京から北陸新幹線【かがやき】を使って2時間半
前田家加賀100万石の城下町 金沢まで
a0101801_20025172.jpg
高速バスを使ってさらに2時間弱
輪島に向かいます
2160円
道の駅 輪島駅下車
車で数分
大崎漆器店を訪問しました

a0101801_20030881.jpg
どこかで見た光景
そうです。
NHK朝の連ドラ【まれ】のロケ地でもあります。
塗師屋の住前職後の家の作りが指定文化財となっている
趣き深い作りです
長い廊下を奥まで歩くと作業場(工房)があります。
a0101801_20104899.jpg


4代続く老舗の職場には
歴史を感じさせるものが沢山あります
実直な職人さんたちが
心乱れることなく
淡々とお仕事をこなしていらっしゃいます

a0101801_20005850.jpg


この漆の桶を何人の手で持ち運んだのでしょうか
見えない人影が感じられます

a0101801_20012787.jpg
輪島塗りは堅牢(丈夫)なことで
他産地の漆器と比べて有名です
漆を塗る工程に実は布を巻いて強度を高めているからです。
こちらのお椀
その布の代わりに和紙を使っているそうです
よくよくみると表面の地合いに和紙の様子が伺えます
素朴な風合いが魅力的

a0101801_20020126.jpg
こちらのトレーも
和紙を巻いているそうです
飛び回っている私に
おかみの悦子さんが
朝の青野菜スムージーを作って下さいました!
心温まる〜

a0101801_20034450.jpg
能登のキリコ祭りのおみこし
懐かしい子供の頃を思い出します
実母が生まれた場所
珠洲飯田
この地でお仕事をさせて頂くことになって
ご先祖様が喜んでいるのが感じられます

ビックプロジェクトが
一か月後に終了します。





by hanatsudoi | 2017-11-05 20:20 | アートの勉強 | Trackback | Comments(0)

第26回 手漉き和紙学習会【強製紙の作り方】@小川和紙

a0101801_08111987.jpg


日 時:2017年11月19日(日)13:00~15:00...
   集合時間・場所12:25に 東武東上線小川町駅改札口
会 場:久保昌太郎和紙工房(埼玉県比企郡小川町)
講 師:久保昌太郎和紙工房 五代目 久保孝正氏
内 容:楮紙にこんにゃく糊を塗って強度を上げた強製紙の作り方を、久保孝正さんから学びます。道具などはすべてご用意しているので手ぶらでご参加ください。ユネスコ無形文化遺産に指定された細川紙についてのお話など、小川和紙についても教えて頂きます!
会 費 :一般3800円・PIARAS会員3500円
募 集 : 10名
応募締め切り :11月12日(日)

お申し込み・お問い合わせは、Eメール info★piaras.org(★を@に替えて下さい)まで!

交通手段
・東武東上線小川町駅
・バス:川越観光自動車

a0101801_08161249.jpg
・久保昌太郎和紙工房公式サイトはこちら
・久保昌太郎和紙工房五代目 久保孝正氏インタビューはこちら


写真は、2013年7月に行った手漉き和紙学習会【小川和紙を学ぶ】でご講演される久保孝正氏


by hanatsudoi | 2017-10-15 08:14 | PIARAS | Trackback | Comments(0)

石州勝地半紙 取材 2016.10.1

a0101801_06570661.jpg
当時(大正~戦前まで)市山半紙は長谷村が中心となり作られていたそうです。
この名前は過去にあった和紙として語り伝えられていたものですが
形として残る資料が現れました
こちらの賞状
審査員の名前もそうそうたるもの
民芸運動の父 柳宗悦 
同時期に日本のあちこちで名前を残している方たち
河井貫次郎
濱田庄司

そして、受賞されたのが現在の石州勝地半紙の原田精一さん
a0101801_06572744.jpg
長谷村(ながたにむら)と書かれています

石州半紙
長谷村

昭和13年、技術の高い石州半紙を漉いて表彰されたのが原田イソノさんでした

そして、邑智郡長谷村(オウチグンナガタニムラ)という地名
この村が今の勝地周辺です


柳宗悦の【和紙十年】には、
柳が常々好んでこの石州市山半紙を取り寄せて使っていたと
記されているそうです。

国の重要無形文化財 石州半紙の中に、
原田さんの和紙が入れなかった理由も残念な話で…

このように資料が集まると
既存の事実を更新できるようになります
これはどのような事柄についても言えることですね

a0101801_07245739.jpg


石州勝地半紙
佐々木誠さん

現在、この市山和紙を伝承している唯一の存在
チャカスカポンという軽快なリズム
縦揺りを数回繰り返し
横揺りも加えて
ネリはトロロアオイ
楮は地元産青楮






by hanatsudoi | 2016-10-07 07:29 | PIARAS | Trackback | Comments(0)

石見神楽鑑賞@島根県江津市

a0101801_07153219.jpg


ホテルの宴席に神楽社中が出張してくださいました!
まず、舞台上のタイトルにご注目を!
歓迎
和紙の里を訪ねる旅一行様

天井から下がっている飾りは社中のの皆さんが
観客の私たちのために作ってくれたものです。
最後、私たちのお土産としてお渡しくださいました!
剪紙(切り絵)で模様が作られています!

a0101801_07164983.jpg


倭川戸神楽社中
島根県江津市桜江町の神楽社中です。

a0101801_07225214.jpg


お囃子も若々しくて元気です
今回は、囃子方の笛が特別なものということで、
新広島テレビの取材が入り
特別に2演目して頂けるようになりました!

a0101801_07243474.jpg


塵 輪
正義と悪の戦い!

a0101801_07253581.jpg


大 蛇
スサノオと大蛇の戦いです!

a0101801_07263347.jpg



みごと、4匹の大蛇を成敗し稲田の姫を救い出したスサノオ!
さすがっ!
そして、夕食も戴き終りました。

a0101801_07291604.jpg


大蛇の体は、手漉き和紙で作られています。
何枚も貼り重ねて作られています。
ちなみに、体の中は


a0101801_07311266.jpg


まるで、内視鏡を使って覗いているような気分!
しっかり出来ています。
この大蛇
十数年も使い続けられるそうです
使い込むと紙が柔らかくなり
コンパクトにまとめられるようになるそうです

今回は新品なので演者の方はさぞかし扱い難かったんじゃないかと思います

a0101801_07341796.jpg


演じ終わった後
FANサービスで道具の説明や
羽織の着用など体験ワークショップ
舞台終了後お疲れのところ、ありがとうございました!

a0101801_07361522.jpg


神様を楽しませる神楽
お話の内容も分かりやすく
素人の私たちも神様同様楽しませて頂きました

そして、明日は10月1日
島根県は神在り月となります
沢山の神様へのおもてなし
頑張って頂きたいです!


by hanatsudoi | 2016-10-06 07:38 | アートの勉強 | Trackback | Comments(0)

石見神楽@芝増上寺

a0101801_00101480.jpg


今月末に行く
PIARAS 和紙の里を訪ねる旅は
島根県江津市にある石州勝地半紙の工房!

出雲大社から始まり
須佐神社
有福温泉
石見銀山などのスポットを巡ります

そして、大きな目玉は石見神楽鑑賞
宿泊するホテルに神楽社中に来て頂き
PIARAS一行のために石見神楽を演じていただくのです!


a0101801_00162559.jpg


地元でも人気の倭神楽社中
石州勝地の佐々木さんがお手配下さっています
このお社中
実は、9月4日(日)芝増上寺で有福温泉神楽団の皆さんと一緒に
石見神楽の公演を行いました!
江津でお会いする前にご挨拶もしたかったので、
行ってきました!

演じたものは
源○○の猿退治
恵比須様
ヤマタノオロチ

写真出来ているお衣裳は
30kg
お値段にすると一着200万円もするとか
そしてオロチは和紙で出来ているそうですよ
和紙でなければ重くて動かせませんね

a0101801_00155846.jpg


今回は、会場も広く、消防署の許可も頂き緊急対応も出来ていたことから
オロチ8頭
そして口からは火を噴くなどのパフォーマンスも
小さな舞台では8頭出そろうなどありえないことだそうです!

有福温泉神楽団と倭神楽社中が合同で演じたもの
長い胴体、重い頭の扱いにはどれだけ体力を使ったのか
思い図られます。

今月末
島根県江津でまじかに拝見してまいります!
016.gif楽しみです016.gif





by hanatsudoi | 2016-09-08 07:26 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)

砂子を撒いた手漉き和紙 まるで宇宙

a0101801_13365294.jpg
草木染に金の砂子を撒いたもの

黄色がミョウバン媒染
茶色が鉄媒染
庭の雑草と思っていたコブナグサの草木染が
こんなに綺麗だとは
a0101801_13390676.jpg
まるで
銀河系の宇宙のよう
どこに地球があるのかしら




和紙:吉野の福西和紙本舗の生漉き和紙
染色は、和紙研究家の大柳久栄先生の手によるもの






by hanatsudoi | 2016-08-25 13:40 | 和紙の話 | Trackback | Comments(0)

商店街の閉じたシャッターを上げて和紙のワークショップ

a0101801_00574040.jpg
一度閉じた商店街のシャッターを上げよう
ここは以前下駄屋さんだった店先
今日はシャッターを上げて
和紙のワークショップ
a0101801_00565926.jpg
自分の好きな色を選んで
a0101801_00571740.jpg
自分の力で作ったベア
a0101801_00570822.jpg
いつもは木を
今回は和紙を
a0101801_00572877.jpg
今年で三回目の参加
初年はピンクのベアを
そして今年は水色で
a0101801_00591270.jpg
太鼓の発表会のあと
a0101801_01004117.jpg
自分の洋服と一緒
レースの髪飾りを付けて
女子力の高いベア
a0101801_01005938.jpg
沢山の色が使いたいんだ

a0101801_01012420.jpg
能登の和紙をたくさん使って
a0101801_01021932.jpg
丁寧な色の選択
a0101801_01075406.jpg
初登場ののぼりも好評!


7月5日 宮城県亘理郡夢ふうせん
8月6~7日 郵政博物館
そして
016.gif三回目のワークショップも大成功!016.gif










by hanatsudoi | 2016-08-22 01:08 | PIARAS | Trackback | Comments(0)

PIARAS ベア ワークショップ@郵政博物館


a0101801_06360808.jpg
郵政博物館(東京都墨田区東京スカイツリータウン ソラマチ9階)
PIARASベアのワークショップ第一日目!
たくさんの方のご参加ありがとうございます

a0101801_06363908.jpg
PIARASのベアを通して行っている
社会貢献活動を説明した掲示
a0101801_06372652.jpg
手漉き和紙を使った小物の販売

a0101801_06390484.jpg
ミス・ワールド ファイナリストの皆さんもご参加
a0101801_06405205.jpg
郵政博物館からは、使用済みの切手をご提供して頂き
手漉き和紙と切手のコラボベアが誕生です
a0101801_06421415.jpg
今回は、東北支援がテーマ
岩手県にある成島和紙の染色紙をご用意しました
a0101801_06520079.jpg
思い思いのかわいいベアが誕生です!
a0101801_06434415.jpg


広島原爆投下のこの日
「世界の平和を願って集中して作りました」
と広島ご出身の方

a0101801_06500510.jpg
仲良しのお友達と
夏休みの宿題にするんですって!

a0101801_06504569.jpg


フランスからのご参加!


そして、本日8月7日(日)もベアワークショップを行っていますので
気になった方はスカイツリーまで足を運んでください  










by hanatsudoi | 2016-08-07 06:51 | PIARAS | Trackback | Comments(0)

 PIARAS ベア ワークショップ@スカイツリータウン 郵政博物館

a0101801_07455119.jpg


016.gif PIARAS ベア ワークショップ開催016.gif

詳しくはこちらをクリック!




by hanatsudoi | 2016-07-02 07:47 | PIARAS | Trackback | Comments(0)

第20回 PIARAS手漉き和紙学習会 【現代風金継ぎと手漉き和紙】

a0101801_07514959.jpg
日時:2017年2月11日(木・祝)
10:00〜12:00
会場:東京ウィメンズプラザ@表参道
会費:3000円(一般) 2800円(会員)



a0101801_07430682.jpg
a0101801_08011347.jpg
a0101801_08005335.jpg
a0101801_08002900.jpg
講師:藤野佳菜子さん

自分の意識外で生まれる偶発的な形には力が宿ります
道具を使わないアート
思うようにならないことを楽しみます

この手法は、金継ぎばかりでなく
いろいろなところで応用が出来そうですね







by hanatsudoi | 2016-02-12 08:04 | PIARAS | Trackback | Comments(0)