東大寺大仏―天平の至宝―展

光明皇后1250年御遠忌記念東大寺大仏―天平の至宝―展
a0101801_8362132.jpg

会期:2010年10月8日~12月12日
場所:東京国立博物館 平成館

奈良の大仏さまで親しまれる東大寺廬舎那仏は奈良時代、8世紀半ば、不安な世情を憂いた聖武天皇により国家と民衆の平和を祈念して造立されました。平安時代末期と室町時代の二度戦乱で焼失しましたが、そのたびに国と民衆の力で復興を果たし、今日も高さおよそ15mの大きな姿は人の心を癒してくれています。
【展覧会リーフレットより抜粋】

昨日、終了間際の東大寺大仏展に滑り込みました!
圧倒的な大きさの展示物の前では、
自分の存在も小さくなれて、
癒しを頂きました

数々の展示を眺めると、
天平の頃は、多くの外国人と文化を通じた豊かな交流があり、
きわめて良好な外交が保たれていたんだなと思えました
それは、何故なんでしょう
どういう方法で他国と交わっていたんでしょう
現代人にとって学ぶ所がありそうです

さて、
私は会場にいながらうっすらと涙を流しました
長谷川等伯展でも涙が出ましたが、
その時の涙とはちょっと違う、
あたたかな平和な心持で会場を巡りました


第一章:東大寺のはじまり―前身寺院と東大寺創建―
東大寺創建瓦
法華堂屋根瓦
法華堂付近出土三彩軒丸瓦
二月堂付近出土品
丸山西遺跡出土品
天地院跡出土品
香山堂跡出土品
東塔院出土金銅風鐸片
西塔院出土品
大仏殿地区出土品
南大門付近出土品
講堂出土鬼瓦
食堂北方付近出土品1・2
戒壇院地区出土軒丸瓦片
戒壇院地区出土軒丸瓦
正倉院出土品
平城京復元模型 東大寺境内周辺部分

第二章:大仏造立
【】国宝 *重要文化財 時代表記無い物は奈良時代

西大門勅額
伝弥勒菩薩像(試みの大仏)(平安)
誕生釈迦仏立像及び潅仏会
八角燈籠
八角燈籠火袋羽目板
伎楽面 師子児1・2
伎楽面 崑崙
伎楽面 力士1・2
伎楽面 太孤父1・2・3
伎楽面 酔胡従
良弁僧正坐像】(平安)
僧形八幡神坐像】(快慶作)(鎌倉)
東大寺金堂鎮壇具
銀製鍍金狩猟文小壺
金鈿荘太刀
瑞花六花鏡
銀製鍍金蝉形鏁子(宝相華透彫座金付)
水晶合子(真珠四箇入)
水晶合子(真珠八箇入)
水晶玉
琥珀玉類
ガラス玉類
水晶
賢具経】 巻第十五(大聖武)
弥沙塞羯磨本
大威徳陀羅尼経 巻第七(光明皇后御願 五月一日経)
瑜伽師地論 巻第十二(光明皇后御願 五月一日経)
大 婆沙論 巻第二十三(光明皇后御願 五月一日経)
小品般若経 巻第五(光明皇后御願 五月一日経)

第三章:天平の至宝
二月堂本尊光背
二月堂本尊天衣断片
菩薩 半伽像
釈迦如来坐像及び多宝如来坐像
不空羂策観音菩薩立像光背
不空羂策観音菩薩立像宝冠残欠
葡萄唐草文染韋
花鳥彩絵油色箱
金銅鉢
天平古裂 黄緑地霰花文錦幡頭
天平古裂 赤地唐花文錦天蓋花形裁文残欠
天平古裂 白茶地花文夾纈平絹
天平古裂 淡赤地四菱入菱繋文羅
天平古裂 淡黄緑地草花文﨟纈平絹
天平古裂 赤地立木天蓋文﨟纈平絹
天平古裂 青緑地六弁花鳥文錦
天平古裂 緑地花葉文刺繍羅
蓮華
宝相華
飛天十二支円鏡(法華堂天蓋光心)
海獣葡萄鏡(法華堂天蓋光心)
天平宝物筆1・2
縹縷(開眼縷)
﨟纈屏風 鸚鳥武・象木
桂心 
桂心袋
人参
人参袋
沙金桂心請文
銀壺
斑犀如意及び素木如意箱
金銅鳳形裁文
墨画仏像
紺紙銀字華厳経 巻第五十九(二月堂焼経)
越前国田使解
東大寺奴婢見来帳
阿弥陀悔過料資財帳 (平安)

第四章:重源と公慶
重源上人坐像】 (鎌倉)
金剛力士像像内納入品】 (平安~鎌倉)
阿弥陀如来立像 (鎌倉)
地蔵菩薩立像 (鎌倉)
五劫思惟阿弥陀如来坐像 (鎌倉)
公慶上人坐像 (江戸)
by hanatsudoi | 2010-12-11 10:05 | アートの勉強 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hanatsudoi.exblog.jp/tb/11695473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< クリスマスリース おおっきい! HANATSUDOIオリジナル... >>