人気ブログランキング |

日本の水の原点

日本の水の事
みなさんはどれくらい知っていますか?

現在パートナーが、
下水道にかかわる仕事に携わっているため、
昨年から水についての関心が高まった

日本の水再生システムは、
実は世界一
この技術の輸出が
計り知れない利益を生んでしまうことは、
ほぼ間違いが無いとされている
(下水道協会誌/2010年10月―国際化に伴うこれからの下水道事業による)

日本の水再生システムを
視聴覚資料で学習できる場所が有明にあるので取材してきた


虹の下水道館

江東区有明2-3-5
有明水再生センター5F
03-5564-2458
a0101801_713962.jpg

シアターゾーンでは、
大型迫力映像で水の大切さを学べるようになっている
子供向けのフィルムもある
じっくり鑑賞したいと思うなら1時間程度必要
a0101801_7132068.jpg

このように、
子供が楽しんで勉強できる視聴覚資料がたくさんある
小学校の社会化見学のコースにも組み込まれている施設だ
a0101801_7132875.jpg

東京都区部の水再生センターは13箇所
その性格から、
水源の傍、例えば川や海などの周辺に建設されている
処理区:東から、葛西(江戸川区)・小菅(葛飾区)・中川(足立区・葛飾区)・砂町(墨田区・江東区)・三河島(台東区・文京区)・芝浦(千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区)・小台(北区)・新河岸(板橋区・練馬区・北区・豊島区・杉並区)・落合(中央区)・森ヶ崎(目黒区・品川区・大田区・世田谷区)
a0101801_7133548.jpg

日々職員さんが働いている現場を眺める事が出来る
こうやって、
丁寧に管理されているから、
私たちに綺麗な水が届くんだ
by hanatsudoi | 2011-03-08 08:32 | アートの勉強 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hanatsudoi.exblog.jp/tb/12239353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 【旅する版画:イヌイットの版画... 2月  ―春日大社の万燈籠―  >>