人気ブログランキング |

食+JAPAN @杜のまちや

a0101801_11363784.jpg
食+JAPAN
管理栄養士 大崎喜代子さんによる
輪島漆器を使った日本の食
今回は、3月3日上巳の節句(ひな祭り)にちなんだ献立
a0101801_11452461.jpg
ハマグリのお吸い物
菜の花のおひたし
ちらし寿司
菱餅をデザインした和洋菓子
使用している漆器は大正時代に使われていたものを修繕したものです
a0101801_11360897.jpg
何十工程もある輪島塗りだからこそ
こんなに長く使えるのですね
孫子の代まで使えると思うと
高くはないですね
蒔絵もリメイクできるんだとか!
a0101801_11535615.jpg
お食事のあとは
煎茶手前
宇治茶のポテンシャルを最大限に生かした抽出
お味がしっかりして美味しかったです!
京都唐長の葵模様の唐紙にひなあられ
a0101801_11455330.jpg
そして、会場となった板橋区ときわ台にある
天祖神社 杜のまちや
こちらのキャラクターは 江戸時代の文人大田南畝
焦げ臭くして味ふるに耐えず(文化元年 1804年)
珈琲を初めて味わった感想をこのように記しています。
南畝は寛政9年(1797年)神明宮(現在の天祖神社)に参拝した記録があることにより
こちらのキャラクターになったとか。

そして、
この日本のコーヒーの歴史ある場所で
5月19日(土)
バリスタKIMIが一日CAFEをオープンします
詳細が決まりましたら再度記事をUPいたします。
KIMIが選んだ最高の味を
皆様にお出しいたします★



by hanatsudoi | 2018-02-26 12:08 | アンテナ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hanatsudoi.exblog.jp/tb/238357368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 手漉き和紙体験 第28回 PIARAS 手漉き... >>